Exhibition + Symposium: DFL Research Pavilion 2017 PAFF (Projectile Acoustic Fibre Forest)

パビリオン展示 2017/11/28 – 2017/12/10, 9:00-17:00 In Front of Faculty of Engineering Building 1, Hongo Campus 東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場

パネル・模型展示 2017/11/28 – 2017/12/09, 7:00-18:00 (Weekdays and Saturday) T lounge, Faculty of Engineering Building 11 東京大学本郷キャンパス工学部11号館1階T lounge

シンポジウム Human Centric Digital Fabrication 人間主体のデジタル・ファブリケーション 2017/12/02, 16:00-19:00 (開場15:30) 東京大学工学部1号館15号講義室 (定員100名先着順 入場無料)

 デジタル技術が可能にするデザインと施工プロセスの一体化は、つくることを通じた個の表現を促し、建築を変えることができるか?  東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab(DFL)では、建築施工におけるデジタル技術の活用をテーマに、毎年実験的なパビリオンを制作しています。これまで、人間がコンピュータのナビゲーションに従って施工する人機一体3Dプリンターや人間の動きそのものを型枠に見立てたファブリケーション・システムを建築スケールで再現してきました。  DFLがデジタル技術に求めているのは、デザインや施工を効率的にする役割のみに限りません。DFLが着目しているのは、デジタル技術の媒介によってつくるという行為自体がデザイン・プロセスとなり、人間が総体として持つばらつきが建築として有機的に表現される可能性です。  本年プロジェクトPAFFは、目ではなく耳を頼りにしてつくる建築です。作業者が音のガイドを聞きながら空間的広がりや奥行きを感知し、ターゲットに繊維素材を吹き飛ばす施工システムに挑戦します。音の世界を三次元的に認識しようとする過程で表出する個人差に着目し、それが重なり合ってできる建築を目指します。  シンポジウムでは、人間の個性や多様性、人間がつくることの不確実性を楽しむプロセスとしての施工について考えます。本年プロジェクトの共同実施企業である大成建設のプロジェクト・メンバーや建築とは異なる分野でご活躍される方々をお招きし、人間がつくることとデジタル技術の関係について議論します。

第1部(16:00-)  小渕 祐介 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 准教授  中野  優 大成建設株式会社建築本部 技術部長  佐藤  淳 佐藤淳構造設計事務所 主宰         兼 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 准教授  権藤 智之 東京大学建築生産マネジメント寄付講座 特任准教授

第2部(17:40-)  新木 仁士 株式会社meleap CAO  稲見 昌彦 東京大学先端科学技術研究センター 教授        JST ERATO 稲見自在化身体プロジェクト 研究総括

総括  隈  研吾 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 教授

*15:00からシンポジウム開始までの間、プロジェクト関係者がパビリオン及びエキシビション会場に常駐しております。どうぞお気軽にお声がけ下さい。

主催 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies (T_ADS) 企画 東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab (DFL)・小渕祐介研究室 共同実施 大成建設株式会社 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻佐藤淳研究室 (順不同)

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第二相:技術」の紹介ムービーです.

本編は、2018年3月より公開予定です。

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Technology”

The second facet will be released next spring !

 

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/school/utokyox

建築の理論について考える書籍シリーズ T_ADS TEXTS の第2号、『T_ADS TEXTS 02 もがく建築家、理論を考える』が、6月30日に東京大学出版会より出版されます。

 

今号は、隈研吾と小渕祐介が講師をつとめる国際オンライン講義「現代日本建築の四相  第一相:理論」Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory をまとめたもので、現代日本建築を「理論」から理解する格好の入門書になっています。

 

図版をふんだんに使い、オンライン講座を見た方も見ていない方も楽しめる内容になっています。ぜひお手にとってご覧ください!

 

社会実験イベントのご案内

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T–ADS)では、文化・経済が複雑に交差する都市を「生態系」として捉え、デザインへ応用することを目指す研究組織Design Think Tank(DTT)を立ち上げ、NTT都市開発、新建築社との共同研究を2015年4月にスタートしました。

DTTでは、その一環として台東区の三筋・小島・鳥越(三小鳥〔ミコドリ〕)で、2017年2月より社会実験イベントをとおして街の魅力を発見し、発信する「ツギ_ツギ」プロジェクトに取り組んできましたが、その第三回「ツギ_ツギ#03 曲がる?三小鳥」を開催いたします。

第三回は、街巡りの本質は、どの角を曲がるかの連続にあるという仮説の下、「より街巡りを楽しく発見的にする角の曲がり方があるのだとすれば、それはどんなものか?」を紐解こうというものです。

回遊促進を意図してつくられたプロジェクト特製ナビ付きと、ナビ無しの一般無料レンタル自転車の2種類を用意、ご協力いただける方にどちらかの自転車で「なるべくたくさん街角を曲がる」目的で街巡りに参加していただき、回遊パターンにどんな違いが生まれたかを分析させていただきます。 同日には地域でも有名なものづくり文化を楽しめるイベント「モノマチ」が同時開催しているようです。ツギ_ツギを使ってモノマチを巡っていただくこともできます。

それでなくとも魅力的な街・三小鳥を楽しみに、是非とも気軽にご参加下さい!

イベント詳細 日時: 2017年5月27日(土)・28日(日)11:00 – 18:30 無料コミュニティ・サイクルによる「発見型」街巡りイベント 自転車貸出場所:台東区鳥越1丁目14番:郡司味噌漬物店横 同受付までお越しいただき、① 利用申込書へのお名前・住所・携帯電話番号等のご記入 ② 本人確認書類のご提示 ③ 利用規約へのご同意による受付手続きを済ませていただいた方に、最大1日2時間30分まで、無料でレンタル自転車をお貸し致します。 なお、イベント会場には本レンタル自転車以外の駐輪スペースは一切ございません。自転車でお越しの際は周辺の公共駐輪場をご利用下さい。 主催:鳥越本通り商盛会 企画・共催:東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies 共催:NTT 都市開発(株)/(株)新建築社 後援:台東区 ≫ その他の詳細についてはhttp://tsugi-tsugi.jp/をご覧ください。

またこちらから、前回2月のツギ_ツギ#01イベント記録動画もご覧いただけます。 三小鳥の街の雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。

ツギ_ツギ#01 白米モノヅクリ自転車おかず from ツギ_ツギ on Vimeo.

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde TーADS is proud to announce the work of alumni Kevin Clement and Anders Rod is being featured at the Centre Pompidou Museum in Paris, France. The exhibit, originally conceived as the Harvesting Plasticity graduate research project, is a hanging work featured as a part of the Mutations/Créations event. The event aims to bring together design, architecture, and music.

This work is included as a part of the Imprimer le Monde exhibition, a collection of works exploring the use of the digital for 3D creations.

Mutations / Créations Imprimer le Monde, A Collective Exhibition Centre Pompidou, Paris, France 15 March – 19 June, 2017 Galerie 4, level 1

(Mutations / Créations details via Centre Pompidou)

Project Credits University of Tokyo Advanced Design Studies Unit (TーADS) Professors: Yusuke Obuchi, Kengo Kuma, Manabu Chiba Core research: Kevin Clement, Anders Rod Project Coordinators: Kevin Clement, Shuntaro Nozawa Project Team: Jiang Lai, Deborah Lopez, Hadin Charbel, Mika Portugaise, Chen Xiaoke, Ruta Stankeviciute, Hirokazu Tei, Wu Ziyi, Alric Lee, Nathalia Rotelli, Emi Shiraishi, Veronika Smetanina, Tom Moss, Yang Ao, Tyler Mcbeth

Jun Sato Lab Professor: Jun Sato Project Team: Mika Araki, Ying Xu

Video Production: Deborah Lopez, Hadin Charbel

Special thanks to: Kengo Kuma and Associates, The University of Tokyo Department of Architecture École Spéciale d’Architecture

Gallery of Construction Images

This slideshow requires JavaScript.

Timelapse Video of Installation (courtesy Centre Pompidou)

2016年DFLパビリオンComputational Clayエキシビション

場所:鹿島建設技術研究所 1階展示スペース (アックセス) 開催:3月14日(火)〜24日(金) 09:00-17:00(平日のみ、最終日は午前中のみ) ※ 一般に開放されているスペースです。どなたにでもご覧頂けます。

COMPUTATIONAL CLAY 2017 PAVILION DISPLAY & PANEL EXHIBITIONのご案内(鹿島)

Computational Clay Exhibition – Pavilion and Panel Display Tuesday March 14th – Friday March 24th Entrance, Ground Floor, Kajima Technical Research Center (Chofu, Tokyo) 09:00-17:00, weekdays only Entrance free of charge Kajima Technical Research Institute Access Information

Lecture: Research or Architecture

Speaker: Thomas Weaver, Editor, AA School of Architecture March 2, 2017 (Thursday) 17:00-19:00

This lecture offers a survey of architectural education through an examination of the momentous events of 1968. Its particular focus is the recent emergence of the concept of research, which in many ways defines the modern university over and above a dedication to any specific subject. The lecture will unpick the idea of research and in the process offer a polemic that counters its ubiquity against the more obvious attractions of architecture itself.

ツギ_ツギプロジェクト第2弾、公開セミナーのお知らせ

おかげさまで、Design Think Tank(DTT)では、先の2月4日、5日に共同研究の一環として台東区の三筋・小島・鳥越において、街の方々と共同で行う社会実験イベント 『ツギ_ツギ #01 白米モノヅクリ自転車おかず』 を無事執り行うことができました。

今般、イベントを振り返りつつ、今後のツギ_ツギプロジェクトの可能性を模索する場としてゲスト講師にgraf代表服部滋樹氏、(株)ドコモ・バイクシェア坪谷寿一氏の2名をお招きした公開セミナーを開催する運びとなりました。

住民、商店街、事業者、大学等、様々な立場のプレイヤーが集う、意見交換の場になればと考えております。ぜひ皆様にもお越しいただければ幸甚です。

尚、席に限りがございますので、要予約・先着順とさせていただいております。予約に関しては、名前・所属・メールアドレスを明記の上、tsugi.tsugi.jp@gmail.comまでご連絡ください。予約数が一般来場者20名に達し次第、予約を打ち切らせていただきます。予めご了承ください。

—— 公開セミナー概要 ——

日時:3月5日(日)17時開場 17:15-19:00 場所:鳥越会館(東京都台東区鳥越1-19-1)

「日常から発見する都市づくり」 おかず横丁から考えるオルタナティブな東京の未来

前半:ゲストレクチャー(17:15-18:15) 服部滋樹(graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー) 坪谷寿一(株式会社ドコモ・バイクシェア代表取締役社長)

後半:公開ディスカッション(18:15-19:00) 服部滋樹(graf)、坪谷寿一(ドコモ・バイクシェア) 隈研吾(東京大学)小渕祐介(東京大学)、楠本正幸(NTT都市開発)、篠原宏年(NTT都市開発)、四方裕(新建築)

主催:東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催:NTT都市開発(株)、(株)新建築

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開
無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…