centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde TーADS is proud to announce the work of alumni Kevin Clement and Anders Rod is being featured at the Centre Pompidou Museum in Paris, France. The exhibit, originally conceived as the Harvesting Plasticity graduate research project, is a hanging work featured as a part of the Mutations/Créations event. The event aims to bring together design, architecture, and music.

This work is included as a part of the Imprimer le Monde exhibition, a collection of works exploring the use of the digital for 3D creations.

Mutations / Créations Imprimer le Monde, A Collective Exhibition Centre Pompidou, Paris, France 15 March – 19 June, 2017 Galerie 4, level 1

(Mutations / Créations details via Centre Pompidou)

Project Credits University of Tokyo Advanced Design Studies Unit (TーADS) Professors: Yusuke Obuchi, Kengo Kuma, Manabu Chiba Core research: Kevin Clement, Anders Rod Project Coordinators: Kevin Clement, Shuntaro Nozawa Project Team: Jiang Lai, Deborah Lopez, Hadin Charbel, Mika Portugaise, Chen Xiaoke, Ruta Stankeviciute, Hirokazu Tei, Wu Ziyi, Alric Lee, Nathalia Rotelli, Emi Shiraishi, Veronika Smetanina, Tom Moss, Yang Ao, Tyler Mcbeth

Jun Sato Lab Professor: Jun Sato Project Team: Mika Araki, Ying Xu

Video Production: Deborah Lopez, Hadin Charbel

Special thanks to: Kengo Kuma and Associates, The University of Tokyo Department of Architecture École Spéciale d’Architecture

Gallery of Construction Images

This slideshow requires JavaScript.

Timelapse Video of Installation (courtesy Centre Pompidou)

2016年DFLパビリオンComputational Clayエキシビション

場所:鹿島建設技術研究所 1階展示スペース (アックセス) 開催:3月14日(火)〜24日(金) 09:00-17:00(平日のみ、最終日は午前中のみ) ※ 一般に開放されているスペースです。どなたにでもご覧頂けます。

COMPUTATIONAL CLAY 2017 PAVILION DISPLAY & PANEL EXHIBITIONのご案内(鹿島)

Computational Clay Exhibition – Pavilion and Panel Display Tuesday March 14th – Friday March 24th Entrance, Ground Floor, Kajima Technical Research Center (Chofu, Tokyo) 09:00-17:00, weekdays only Entrance free of charge Kajima Technical Research Institute Access Information

ツギ_ツギプロジェクト第2弾、公開セミナーのお知らせ

おかげさまで、Design Think Tank(DTT)では、先の2月4日、5日に共同研究の一環として台東区の三筋・小島・鳥越において、街の方々と共同で行う社会実験イベント 『ツギ_ツギ #01 白米モノヅクリ自転車おかず』 を無事執り行うことができました。

今般、イベントを振り返りつつ、今後のツギ_ツギプロジェクトの可能性を模索する場としてゲスト講師にgraf代表服部滋樹氏、(株)ドコモ・バイクシェア坪谷寿一氏の2名をお招きした公開セミナーを開催する運びとなりました。

住民、商店街、事業者、大学等、様々な立場のプレイヤーが集う、意見交換の場になればと考えております。ぜひ皆様にもお越しいただければ幸甚です。

尚、席に限りがございますので、要予約・先着順とさせていただいております。予約に関しては、名前・所属・メールアドレスを明記の上、tsugi.tsugi.jp@gmail.comまでご連絡ください。予約数が一般来場者20名に達し次第、予約を打ち切らせていただきます。予めご了承ください。

—— 公開セミナー概要 ——

日時:3月5日(日)17時開場 17:15-19:00 場所:鳥越会館(東京都台東区鳥越1-19-1)

「日常から発見する都市づくり」 おかず横丁から考えるオルタナティブな東京の未来

前半:ゲストレクチャー(17:15-18:15) 服部滋樹(graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー) 坪谷寿一(株式会社ドコモ・バイクシェア代表取締役社長)

後半:公開ディスカッション(18:15-19:00) 服部滋樹(graf)、坪谷寿一(ドコモ・バイクシェア) 隈研吾(東京大学)小渕祐介(東京大学)、楠本正幸(NTT都市開発)、篠原宏年(NTT都市開発)、四方裕(新建築)

主催:東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催:NTT都市開発(株)、(株)新建築

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開
無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

社会実験イベントのご案内

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T–ADS)では、文化・経済が複雑に交差する都市を「生態系」として捉え、デザインへ応用することを目指す研究組織Design Think Tank(DTT)を立ち上げ、NTT都市開発、新建築社との共同研究を2015年4月にスタートしました。

このたびDTTでは、その一環として台東区の三筋・小島・鳥越(三小鳥〔ミコドリ〕)において、街の方々と共同で行う社会実験イベント 『ツギ_ツギ #01 白米モノヅクリ自転車おかず』 を開催いたします。

三小鳥〔ミコドリ〕地域は、こだわりの「ものづくり」文化が息づく、知る人ぞ知るエリアで、今回ここで行う実験は、 1.レンタル・乗り捨てができる、無料コミュニティサイクル(自転車)に乗り、 2.おかず横丁で無料ごはん・けんちん汁(先着150名様)と、商店街のおかずをいただき、 3.ものづくり横丁で職人さんの技術も体験(有料)、 4.下町人情あふれる町をぶらぶら巡りながら、お気に入り風景を写真撮影、 5.撮った写真をプロジェクトサイトにアップして無料ホットドリンクをゲット(御徒町と蔵前でそれぞれ先着100名)、心も体も温まる ことです。 冬の凛とした空気の中、町を巡る気持ちよさと楽しさを感じに、ぜひお越し下さい!皆さんの参加が、三小鳥に満ち溢れている隠れた魅力を、ツギツギと引き出していきます。

イベント詳細 日時: 2月4日(土)12:00-17:00 無料コミュニティサイクル 「ごはんとけんちん汁」プレゼント(先着150名) ものづくり横丁ワークショップ(有料) 2月5日(日)12:00-17:00 無料コミュニティサイクルのみ 会場: 御徒町サイクルポート 2k540 AKI-OKA ARTISAN 東京都台東区上野五丁目9 鳥越サイクルポート 東京都台東区鳥越1丁目 おかず横丁内 蔵前サイクルポート 東京都台東区蔵前1丁目3-35 NTT 蔵前ビル

主催: 鳥越本通り商盛会 企画: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies NTT都市開発株式会社 株式会社新建築社 ものづくり横丁 後援: 台東区

≫ その他の詳細については http://tsugi-tsugi.jp/ をご覧ください。

Introduction In the Advanced Design Studies Program (T—ADS) at the University of Tokyo’s Department of Architecture, cities are conceptualized as “ecosystems” where culture and economics intersect in a complex way. In April 2015, T—ADS established the Design Think Tank (DTT) research organization, a collaboration with NTT Urban Development Corporation and Shinkenchiku. DTT’s current focus is on a region of Taito ward which encompasses Misuji, Kojima, and Torigoe neighborhoods (nicknamed “Mikodori”). In its first ever exploratory community event, pursued in collaboration with Mikodori residents, DTT is pleased to announce Tsugi Tsugi (One by One) #1: Cycling, Side Dishes, Rice, and Craft.

Concept The Mikodori area is a place that lives and breathes craft culture; where specialists produce as-yet unfamiliar creations. It will be the hub for this exploration. 1. Ride community-use bicycles for free (regularly available for rent). 2. On Okazu Yokocho (Side Dish Street), free rice and kenchin (vegetable) soup will be given to the first 150 people to arrive. There will be additional side dishes to enjoy on local shopping streets. 3. On Craft Street, participate in a creative experience with a local craftsman (fee required). 4. Take pictures of interesting locations as you wander through the old town area. 5. The first 100 people to upload a photo to the project website will get a free hot drink (in front of Okachimachi and Kuramae stations)! One by one, we aim to reveal the hidden charms of the Mikodori area. Join us for this fun exploration!

Event Details: February 4 (Sat) 12:00-17:00 Free community cycle use Rice + Kenchin soup (first 150 people) Workshop in Monozukuri Yokocho (fee required)

February 5 (Sunday) 12:00-17:00 Free community cycle use only

Location: Okachimachi Cycle Port: 2k540 AKI-OKA Artisan Tokyo-to, Taito-ku, Ueno 5-9 Torigoe Cycle Port: Tokyo-to, Taito-ku, Torigoe 1 (inside Okazu Yokocho) Kuramae Cycle Port: Tokyo-to, Taito-ku, Kuramae 1-3-35, NTT Kuramae Building

Sponsor: Torigoe Main Street Business Association Planning: The University of Tokyo, Department of Architecture, Advanced Design studies In Cooperation with: Advanced Design Studies (The University of Tokyo Department of Architecture), NTT Urban Development Incorporated, Shinkenchiku Incorporated, Monozukuri Yokocho Supported by: Taito Ward For other details (in Japanese), please refer to tsugi-tsugi.jp.

東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab(DFL)では、建築施工におけるデジタル技術の活用をテーマに、毎年実験的なパビリオンを制作しています。単に技術による自動化や高度化を目指すのではなく、そこに「人間が関わること」の可能性を探る実証の場として、これまで「人間と機械が融合した3Dプリンター」(2014年STIKパビリオン)や「巨大3Dペン」(2015年TOCAパビリオン)を建築スケールで再現してきました。

本年Computational Clayプロジェクトでは「人間が関わること」をより一層推し進め、個性としての身体パフォーマンスを建築表現に反映させるため、人の動きと素材と関係に着目したユニークなパネル加工システムを開発しました。

Every year in the University of Tokyo’s Digital Fabrication Lab (DFL), digital fabrication technologies are used to produce an experimental pavilion project. The aim, rather than being simply to achieve automation or precision through use of such technologies, is to explore the potentials for human and machine collaboration. Past projects have focused on fusions between humans and machines through the use of 3D printers: the 2014 STIK Pavilion explored this theme through guided aggregation, and the 2015 TOCA Pavilion by using humans as a parameter along with an oversized 3D pen.

This year, in the Computational Clay Pavilion, we advance the role of the human in construction one step further, examining how an individual’s capabilities and performance can be expressed in an architectural output. We have developed a unique panelized construction system wherein the movements of humans and their relationship to the material are explored.

Project Credits:

主催: 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T—ADS) PRODUCED BY: Advanced Design Studies, Department of Architecture, The University of Tokyo

企画: 東京大学建築学専攻 Digital Fabrication Lab(DFL) 鹿島建設株式会社 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 五十嵐健夫研究室 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 佐藤淳研究室 素材協力: 株式会社エコグリーン、株式会社東邦アーステック(順不同)

PLANNING: Digital Fabrication Lab (DFL), Department of Architecture, The University of Tokyo

IN COLLABORATION WITH: Kajima Corporation Graduate School of Information Science and Technology, Department of Computer Science, Takeo Igarashi Laboratory Graduate School of Frontier Sciences, Department Socio-cultural Environmental Studies, Jun Sato Laboratory MATERIALS PROVIDED BY: Eco Green, Toho EarthTech (in random order)

UNIVERSITY OF TOKYO DIRECTING PROFESSORS Yusuke Obuchi (Associate Professor), Department of Architecture Jun Sato (Professor), Department of Frontier Sciences Takeo Igarashi (Professor), Department of Computer Science

UNIVERSITY OF TOKYO PROJECT MANAGEMENT Kensuke Hotta Shohei Furuichi Kosuke Nagata Shuta Takagi Shuntaro Nozawa Iris Zhang Déborah Lopez Lobato Hadin Charbel Haoran Xie

SECOND YEAR STUDENT TEAM Alric Lee Isaac Yoo Ittidej Lirapirom Luca Marulli Moritz Münzenmaier Pan Kalin Victor Hugo Wido

FIRST YEAR STUDENT TEAM Hirokazu Nakano Tei Mika Kaibara Portugaise Nathália Barros Abate Rotelli Rūta Stankevičiūte Tom Moss Tyler Timothy McBeth Veronika Smetanina Xiaoke Chen Yang Ao Ziyi Wu

ADDITIONAL SUPPORT Emi Shiraishi Federico Cazzaniga

PHOTOGRAPHS Toshihiko Kiuchi (Assistant Professor, University of Tokyo)

computational clay full poster t ads advanced design studies

パビリオン公開 // PAVILION DISPLAY 12月5日(月)– 12月18日(日)// December 5 (Mon) – December 18 (Sun) 10:00 – 17:00

東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場 The University of Tokyo, Hongo Campus, Engineering Building #1 Plaza

パネル・模型展示 // PANEL AND PROCESS EXHIBITION 12月5日(月)– 12月17日(土)// December 5 (Mon) – December 17 (Sat) 平日と土曜日のみ // Weekdays and Saturdays only 07:00 – 18:00 (12月5日は13:00から) // (Open at 13:00 on December 5) 東京大学本郷キャンパス工学部 11 号館1階展示スペース(入場無料) The University of Tokyo Hongo Campus, Engineering Building #11, 1F Exhibition Space (free entry)

主催: 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T—ADS) PRODUCED BY: Advanced Design Studies, Department of Architecture, The University of Tokyo

企画: 東京大学建築学専攻 Digital Fabrication Lab(DFL) 鹿島建設株式会社 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 五十嵐健夫研究室 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 佐藤淳研究室 素材協力: 株式会社エコグリーン、株式会社東邦アーステック(順不同)

PLANNING: Digital Fabrication Lab (DFL), Department of Architecture, The University of Tokyo

IN COLLABORATION WITH: Kajima Corporation Graduate School of Information Science and Technology, Department of Computer Science, Takeo Igarashi Laboratory Graduate School of Frontier Sciences, Department Socio-cultural Environmental Studies, Jun Sato Laboratory MATERIALS PROVIDED BY: Eco Green, Toho EarthTech (in random order)

東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab(DFL)では、建築施工におけるデジタル技術の活用をテーマに、毎年実験的なパビリオンを制作しています。単に技術による自動化や高度化を目指すのではなく、そこに「人間が関わること」の可能性を探る実証の場として、これまで「人間と機械が融合した3Dプリンター」(2014年STIKパビリオン)や「巨大3Dペン」(2015年TOCAパビリオン)を建築スケールで再現してきました。

本年Computational Clayプロジェクトでは「人間が関わること」をより一層推し進め、個性としての身体パフォーマンスを建築表現に反映させるため、人の動きと素材と関係に着目したユニークなパネル加工システムを開発しました。

Every year in the University of Tokyo’s Digital Fabrication Lab (DFL), digital fabrication technologies are used to produce an experimental pavilion project. The aim, rather than being simply to achieve automation or precision through use of such technologies, is to explore the potentials for human and machine collaboration. Past projects have focused on fusions between humans and machines through the use of 3D printers: the 2014 STIK Pavilion explored this theme through guided aggregation, and the 2015 TOCA Pavilion by using humans as a parameter along with an oversized 3D pen.

This year, in the Computational Clay Pavilion, we advance the role of the human in construction one step further, examining how an individual’s capabilities and performance can be expressed in an architectural output. We have developed a unique panelized construction system wherein the movements of humans and their relationship to the material are explored.

Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory  現代日本建築の四相 第一相:理論 視聴方法ガイド

 

1.  アカウントの作成

1-1.  [コースページ] で緑色の Enroll Now ボタンを押し、アカウント作成ページへ。

1-2.  必須項目のEmail, Full name, Public username, Password, Country を入力し、”I agree to the edX Terms of Service and Honor Code” にチェックを入れた後、Create your account  ボタンを押してください。(新規アカウントを作らず、Facebook, Google+, Microsoft のアカウントを選ぶこともできます。)

1-3.  ログインすると、右上に username が現れます。 無料でビデオを視聴する場合は、青色の Audit This Course ボタンを押してください。 (有料で単位取得を希望する場合は、緑色の Pursue a Verified Certificate ($49USD) ボタンを押して手続きページへ進んでください。)

 

2.  ログイン後のビデオの見方

※ログアウトした場合は、[コースページ] から Sign In してください。

2-1.  MY COURSES に入ったら、 Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory のタイトルか、白い View Course ボタンを押してください。

2-2.  Welcome to UTokyoX’s UTokyo004x! というタイトルの上部に Home   Course   Discussion   Progress   Syllabus   Grading and Logistics   と6つ並んだメニューから、Course を選んでください。

2-3.  Course では、左側に縦に Module が並んでいます。視聴したい Module(回)を選択してください。(オープンしていないModule はまだ現れていません。) Module 1: Introduction Module 2: Arata Isozaki and Hisao Kohyama Module 3: Terunobu Fujimori and Hidetoshi Ohno Module 4: Kengo Kuma and Kazuyo Sejima Module 5: Theory – Summary Module 6: Final Exam

2-4.  Module を選ぶと下にメニューが現れます。About Module ( ) の下にある項目から、視聴したい建築家名の入った項目を選んでください。

2-5.  建築家の紹介ページに入ったら、ページの上部と下部にあるグレーの 矢印ボタン <  > で、右に進むとビデオのあるページに進みます。 このグレーの 矢印ボタン < > で、他のビデオのページにも進むことができます。

2-6.  ビデオ画面上の 再生ボタン を押してください。(YouTubeの形式です。)

Free Online Course FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE — BETWEEN TWO OLYMPICS First Facet: Theory

無料オンラインコース 現代日本建築の四相 — 二つのオリンピックの狭間で 第一相:理論

T_ADSの隈研吾教授と小渕祐介准教授が講師をつとめる無料オンラインコース「現代日本建築の四相 — 二つのオリンピックの狭間で」の第一相「理論」が、 2016年7月31日より順次公開されます。 [コースページ] Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory [視聴方法ガイド]

本コースでは、「理論」「技術」「都市」「人間」の四相から戦後の日本建築の多様性を見直すことによって、現代につながる持続的な問題意識として建築を考えます。多様性を生み出した日本を代表する建築家自身による作品解説とインタビューを通じて、現代日本建築を再解釈するとともに、これからの建築が向かうべき方向性を探ります。

第一相「理論」配信予定と出演建築家 7月31日 イントロダクション 8月07日 磯崎新 香山壽夫 8月14日 藤森照信 大野秀敏 8月21日 隈研吾 妹島和世 8月28日 まとめ

Course instructors Kengo Kuma and Yusuke Obuchi have invited other leading Japanese architects to participate. Materials are delivered in Japanese with English subtitles. Framed between the two Tokyo Olympics of 1964 and 2020, this series will explore and reflect on the diversity of contemporary Japanese architecture by focusing on four facets: theory, technology, city, and humans. Through lectures by instructors and discussions with some of the most influential Japanese architects, the course will trace the development of contemporary Japanese architecture and will consider its future direction.

First Facet: Theory

Course Schedule (by week):
July 31: Introduction
August 7: Arata Isozaki, Hisao Kohyama
August 14: Terunobu Fujimori, Hidetoshi Ohno
August 21: Kengo Kuma, Kazuyo Sejima
August 28: Conclusion
For additional details and enrollment, please visit the course page.

 

本コースは、2012年にハーバード大学とMITにより設立されたMOOC(Massive Open Online Course)プロバイダーであるedX(エデックス)から提供され、無料登録により世界中の誰でも聴講することができます(希望により有料の修了証も取得できます)。なお本コースは、日本語音声+英語字幕で配信されます。

This course has been made available via edX, a MOOC (Massive Open Online Course) provider established in 2012 by partner university MIT. Registration is free and is open worldwide (official course completion certificates available for a fee). This course is presented in Japanese with English subtitles.

edX_JapaneseArchitecture-1

edX_JapaneseArchitecture-2

 

東京大学プレスリリース: Press release from the University of Tokyo: http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/news/notices/notices_z0801_00002.html