Can the integration of digital technologies in design and construction processes be used for expressing personal tendencies through the creation of new architectural practices as well as novel aesthetics?

The University of Tokyo Digital Fabrication Lab (DFL) has annually been involved in an experimental pavilion installation, aiming at the application of digital technologies to architectural construction. Its projects are the embodiments of human-machine interaction, demonstrating its unique fabrication systems that make a worker behave as part of a 3D printer; translating human movement into formwork.

At the DFL, we believe that the role played by digital technologies in design and construction does not necessarily have to make them more efficient and streamlined. Their potential is instead focused on personalising the fabrication process. In our view, the act of making as such becomes a design in itself by means of computer assistance. The diversity that humans collectively show is organically expressed in the architecture.

PAFF is an architecture made by reference to sound rather than visual information. We developed a sound guidance system whereby a worker’s task is to recognise a sound source in a three-dimensional space, and shoot fibres into various targets. PAFF is expressed through the accumulation of the multi-agent system, revealing personal differences in the way that people perceive space through sound.

Project Credits:

UNIVERSITY OF TOKYO ADVANCED DESIGN STUDIES PROFESSORS Yusuke Obuchi Jun Sato

UNIVERSITY OF TOKYO PROJECT MANAGEMENT Shohei Furuichi Shuntaro Nozawa Shuta Takagi Deborah Lopez Lobato Hadin Charbel

PROJECT COLLABORATOR TAISEI CORPORATION

SPONSOR TAISEI CORPORATION

SECOND YEAR STUDENT TEAM Mika Kaibara Portugaise Ziyi Wu Nathalia Barros Abate Rotelli Ruta Stankeviciute Xiaoke Chen Ao Yang

FIRST YEAR STUDENT TEAM Ruoyu Chen Wanting Liu Yuqing Shi Anran Wang Yuxi Zhu Sher Lin Tan Otto Lindstam Sofia Iino Cotado Dominika Demlova Priya Murugeswaran

ADDITIONAL SUPPORT Machiko Asahara Kyosuke Kawamura Kota Isobe

PHOTOGRAPHS Otto Lindstam Yuqing Shi

  DFL Research Pavilion 2017 PAFF (Projectile Acoustic Fibre Forest)

パビリオン展示 2017/11/28 – 2017/12/10, 10:00-17:00 In Front of Faculty of Engineering Building 1, Hongo Campus 東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場

パネル・模型展示 2017/11/28 – 2017/12/09, 7:00-18:00 (Weekdays and Saturday) T lounge, Faculty of Engineering Building 11 東京大学本郷キャンパス工学部11号館1階T lounge

*12/02はシンポジウム開催に合わせ、15:00から16:00までの間、プロジェクト関係者がパビリオン及びエキシビション会場に常駐しております。どうぞお気軽にお声がけ下さい。

シンポジウム Human Centric Digital Fabrication 人間主体のデジタル・ファブリケーション 2017/12/02, 16:00-19:00 (開場15:30) 東京大学工学部1号館15号講義室 (定員100名先着順 入場無料)

デジタル技術が可能にするデザインと施工プロセスの一体化は、つくることを通じた個の表現を促し、建築を変えることができるか?

東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab(DFL)では、建築施工におけるデジタル技術の活用をテーマに、毎年実験的なパビリオンを制作しています。これまで、人間がコンピュータのナビゲーションに従って施工する人機一体3Dプリンターや人間の動きそのものを型枠に見立てたファブリケーション・システムを建築スケールで再現してきました。

DFLがデジタル技術に求めているのは、デザインや施工を効率的にする役割のみに限りません。DFLが着目しているのは、デジタル技術の媒介によってつくるという行為自体がデザイン・プロセスとなり、人間が総体として持つばらつきが建築として有機的に表現される可能性です。

本年プロジェクトPAFFは、目ではなく耳を頼りにしてつくる建築です。作業者が音のガイドを聞きながら空間的広がりや奥行きを感知し、ターゲットに繊維素材を吹き飛ばす施工システムに挑戦します。音の世界を三次元的に認識しようとする過程で表出する個人差に着目し、それが重なり合ってできる建築を目指します。

シンポジウムでは、人間の個性や多様性、人間がつくることの不確実性を楽しむプロセスとしての施工について考えます。本年プロジェクトの共同実施企業である大成建設のプロジェクト・メンバーや建築とは異なる分野でご活躍される方々をお招きし、人間がつくることとデジタル技術の関係について議論します。

第1部(16:00-) 小渕 祐介 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 准教授 中野  優 大成建設株式会社建築本部 技術部長 佐藤  淳 佐藤淳構造設計事務所 主宰        東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 准教授

第2部(17:30-) 権藤 智之 東京大学建築生産マネジメント寄付講座 特任准教授 稲見 昌彦 東京大学先端科学技術研究センター 教授       JST ERATO 稲見自在化身体プロジェクト 研究総括 新木 仁士 ARスポーツ「HADO」開発者、株式会社meleap CAO

総括 隈  研吾 建築家、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 教授

主催 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies (T_ADS) 企画 東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab (DFL)・小渕祐介研究室 共同実施 大成建設株式会社 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻佐藤淳研究室 (順不同)  

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第二相:技術」の紹介ムービーです.

本編は、2018年3月より公開予定です。

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Technology”

The second facet will be released next spring !

 

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/school/utokyox

建築の理論について考える書籍シリーズ T_ADS TEXTS の第2号、『T_ADS TEXTS 02 もがく建築家、理論を考える』が、6月30日に東京大学出版会より出版されます。

 

今号は、隈研吾と小渕祐介が講師をつとめる国際オンライン講義「現代日本建築の四相  第一相:理論」Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory をまとめたもので、現代日本建築を「理論」から理解する格好の入門書になっています。

 

図版をふんだんに使い、オンライン講座を見た方も見ていない方も楽しめる内容になっています。ぜひお手にとってご覧ください!

 

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde TーADS is proud to announce the work of alumni Kevin Clement and Anders Rod is being featured at the Centre Pompidou Museum in Paris, France. The exhibit, originally conceived as the Harvesting Plasticity graduate research project, is a hanging work featured as a part of the Mutations/Créations event. The event aims to bring together design, architecture, and music.

This work is included as a part of the Imprimer le Monde exhibition, a collection of works exploring the use of the digital for 3D creations.

Mutations / Créations Imprimer le Monde, A Collective Exhibition Centre Pompidou, Paris, France 15 March – 19 June, 2017 Galerie 4, level 1

(Mutations / Créations details via Centre Pompidou)

Project Credits University of Tokyo Advanced Design Studies Unit (TーADS) Professors: Yusuke Obuchi, Kengo Kuma, Manabu Chiba Core research: Kevin Clement, Anders Rod Project Coordinators: Kevin Clement, Shuntaro Nozawa Project Team: Jiang Lai, Deborah Lopez, Hadin Charbel, Mika Portugaise, Chen Xiaoke, Ruta Stankeviciute, Hirokazu Tei, Wu Ziyi, Alric Lee, Nathalia Rotelli, Emi Shiraishi, Veronika Smetanina, Tom Moss, Yang Ao, Tyler Mcbeth

Jun Sato Lab Professor: Jun Sato Project Team: Mika Araki, Ying Xu

Video Production: Deborah Lopez, Hadin Charbel

Special thanks to: Kengo Kuma and Associates, The University of Tokyo Department of Architecture École Spéciale d’Architecture

Gallery of Construction Images

This slideshow requires JavaScript.

Timelapse Video of Installation (courtesy Centre Pompidou)

2016年DFLパビリオンComputational Clayエキシビション

場所:鹿島建設技術研究所 1階展示スペース (アックセス) 開催:3月14日(火)〜24日(金) 09:00-17:00(平日のみ、最終日は午前中のみ) ※ 一般に開放されているスペースです。どなたにでもご覧頂けます。

COMPUTATIONAL CLAY 2017 PAVILION DISPLAY & PANEL EXHIBITIONのご案内(鹿島)

Computational Clay Exhibition – Pavilion and Panel Display Tuesday March 14th – Friday March 24th Entrance, Ground Floor, Kajima Technical Research Center (Chofu, Tokyo) 09:00-17:00, weekdays only Entrance free of charge Kajima Technical Research Institute Access Information

ツギ_ツギプロジェクト第2弾、公開セミナーのお知らせ

おかげさまで、Design Think Tank(DTT)では、先の2月4日、5日に共同研究の一環として台東区の三筋・小島・鳥越において、街の方々と共同で行う社会実験イベント 『ツギ_ツギ #01 白米モノヅクリ自転車おかず』 を無事執り行うことができました。

今般、イベントを振り返りつつ、今後のツギ_ツギプロジェクトの可能性を模索する場としてゲスト講師にgraf代表服部滋樹氏、(株)ドコモ・バイクシェア坪谷寿一氏の2名をお招きした公開セミナーを開催する運びとなりました。

住民、商店街、事業者、大学等、様々な立場のプレイヤーが集う、意見交換の場になればと考えております。ぜひ皆様にもお越しいただければ幸甚です。

尚、席に限りがございますので、要予約・先着順とさせていただいております。予約に関しては、名前・所属・メールアドレスを明記の上、tsugi.tsugi.jp@gmail.comまでご連絡ください。予約数が一般来場者20名に達し次第、予約を打ち切らせていただきます。予めご了承ください。

—— 公開セミナー概要 ——

日時:3月5日(日)17時開場 17:15-19:00 場所:鳥越会館(東京都台東区鳥越1-19-1)

「日常から発見する都市づくり」 おかず横丁から考えるオルタナティブな東京の未来

前半:ゲストレクチャー(17:15-18:15) 服部滋樹(graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー) 坪谷寿一(株式会社ドコモ・バイクシェア代表取締役社長)

後半:公開ディスカッション(18:15-19:00) 服部滋樹(graf)、坪谷寿一(ドコモ・バイクシェア) 隈研吾(東京大学)小渕祐介(東京大学)、楠本正幸(NTT都市開発)、篠原宏年(NTT都市開発)、四方裕(新建築)

主催:東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催:NTT都市開発(株)、(株)新建築

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開
無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

2017/02/21 に公開

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第一相:理論」の紹介ムービーです.

続きの本編は、以下のedXサイトから無料登録をしてご覧いただけます. https://www.edx.org/course/four-facet…

詳しい情報や視聴方法は、T—ADSのウェブサイト http://t-ads.org/?p=459 をご覧ください.

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Theory”

For additional details and enrollment, please visit the course page : https://www.edx.org/course/four-facet…

社会実験イベントのご案内

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T–ADS)では、文化・経済が複雑に交差する都市を「生態系」として捉え、デザインへ応用することを目指す研究組織Design Think Tank(DTT)を立ち上げ、NTT都市開発、新建築社との共同研究を2015年4月にスタートしました。

このたびDTTでは、その一環として台東区の三筋・小島・鳥越(三小鳥〔ミコドリ〕)において、街の方々と共同で行う社会実験イベント 『ツギ_ツギ #01 白米モノヅクリ自転車おかず』 を開催いたします。

三小鳥〔ミコドリ〕地域は、こだわりの「ものづくり」文化が息づく、知る人ぞ知るエリアで、今回ここで行う実験は、 1.レンタル・乗り捨てができる、無料コミュニティサイクル(自転車)に乗り、 2.おかず横丁で無料ごはん・けんちん汁(先着150名様)と、商店街のおかずをいただき、 3.ものづくり横丁で職人さんの技術も体験(有料)、 4.下町人情あふれる町をぶらぶら巡りながら、お気に入り風景を写真撮影、 5.撮った写真をプロジェクトサイトにアップして無料ホットドリンクをゲット(御徒町と蔵前でそれぞれ先着100名)、心も体も温まる ことです。 冬の凛とした空気の中、町を巡る気持ちよさと楽しさを感じに、ぜひお越し下さい!皆さんの参加が、三小鳥に満ち溢れている隠れた魅力を、ツギツギと引き出していきます。

イベント詳細 日時: 2月4日(土)12:00-17:00 無料コミュニティサイクル 「ごはんとけんちん汁」プレゼント(先着150名) ものづくり横丁ワークショップ(有料) 2月5日(日)12:00-17:00 無料コミュニティサイクルのみ 会場: 御徒町サイクルポート 2k540 AKI-OKA ARTISAN 東京都台東区上野五丁目9 鳥越サイクルポート 東京都台東区鳥越1丁目 おかず横丁内 蔵前サイクルポート 東京都台東区蔵前1丁目3-35 NTT 蔵前ビル

主催: 鳥越本通り商盛会 企画: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies NTT都市開発株式会社 株式会社新建築社 ものづくり横丁 後援: 台東区

≫ その他の詳細については http://tsugi-tsugi.jp/ をご覧ください。

Introduction In the Advanced Design Studies Program (T—ADS) at the University of Tokyo’s Department of Architecture, cities are conceptualized as “ecosystems” where culture and economics intersect in a complex way. In April 2015, T—ADS established the Design Think Tank (DTT) research organization, a collaboration with NTT Urban Development Corporation and Shinkenchiku. DTT’s current focus is on a region of Taito ward which encompasses Misuji, Kojima, and Torigoe neighborhoods (nicknamed “Mikodori”). In its first ever exploratory community event, pursued in collaboration with Mikodori residents, DTT is pleased to announce Tsugi Tsugi (One by One) #1: Cycling, Side Dishes, Rice, and Craft.

Concept The Mikodori area is a place that lives and breathes craft culture; where specialists produce as-yet unfamiliar creations. It will be the hub for this exploration. 1. Ride community-use bicycles for free (regularly available for rent). 2. On Okazu Yokocho (Side Dish Street), free rice and kenchin (vegetable) soup will be given to the first 150 people to arrive. There will be additional side dishes to enjoy on local shopping streets. 3. On Craft Street, participate in a creative experience with a local craftsman (fee required). 4. Take pictures of interesting locations as you wander through the old town area. 5. The first 100 people to upload a photo to the project website will get a free hot drink (in front of Okachimachi and Kuramae stations)! One by one, we aim to reveal the hidden charms of the Mikodori area. Join us for this fun exploration!

Event Details: February 4 (Sat) 12:00-17:00 Free community cycle use Rice + Kenchin soup (first 150 people) Workshop in Monozukuri Yokocho (fee required)

February 5 (Sunday) 12:00-17:00 Free community cycle use only

Location: Okachimachi Cycle Port: 2k540 AKI-OKA Artisan Tokyo-to, Taito-ku, Ueno 5-9 Torigoe Cycle Port: Tokyo-to, Taito-ku, Torigoe 1 (inside Okazu Yokocho) Kuramae Cycle Port: Tokyo-to, Taito-ku, Kuramae 1-3-35, NTT Kuramae Building

Sponsor: Torigoe Main Street Business Association Planning: The University of Tokyo, Department of Architecture, Advanced Design studies In Cooperation with: Advanced Design Studies (The University of Tokyo Department of Architecture), NTT Urban Development Incorporated, Shinkenchiku Incorporated, Monozukuri Yokocho Supported by: Taito Ward For other details (in Japanese), please refer to tsugi-tsugi.jp.