Free Online Course FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE — BETWEEN TWO OLYMPICS First Facet: Theory

無料オンラインコース 現代日本建築の四相 — 二つのオリンピックの狭間で 第一相:理論

T_ADSの隈研吾教授と小渕祐介准教授が講師をつとめる無料オンラインコース「現代日本建築の四相 — 二つのオリンピックの狭間で」の第一相「理論」が、 2016年7月31日より順次公開されます。 [コースページ] Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Theory [視聴方法ガイド]

本コースでは、「理論」「技術」「都市」「人間」の四相から戦後の日本建築の多様性を見直すことによって、現代につながる持続的な問題意識として建築を考えます。多様性を生み出した日本を代表する建築家自身による作品解説とインタビューを通じて、現代日本建築を再解釈するとともに、これからの建築が向かうべき方向性を探ります。

第一相「理論」配信予定と出演建築家 7月31日 イントロダクション 8月07日 磯崎新 香山壽夫 8月14日 藤森照信 大野秀敏 8月21日 隈研吾 妹島和世 8月28日 まとめ

Course instructors Kengo Kuma and Yusuke Obuchi have invited other leading Japanese architects to participate. Materials are delivered in Japanese with English subtitles. Framed between the two Tokyo Olympics of 1964 and 2020, this series will explore and reflect on the diversity of contemporary Japanese architecture by focusing on four facets: theory, technology, city, and humans. Through lectures by instructors and discussions with some of the most influential Japanese architects, the course will trace the development of contemporary Japanese architecture and will consider its future direction.

First Facet: Theory

Course Schedule (by week):
July 31: Introduction
August 7: Arata Isozaki, Hisao Kohyama
August 14: Terunobu Fujimori, Hidetoshi Ohno
August 21: Kengo Kuma, Kazuyo Sejima
August 28: Conclusion
For additional details and enrollment, please visit the course page.

 

本コースは、2012年にハーバード大学とMITにより設立されたMOOC(Massive Open Online Course)プロバイダーであるedX(エデックス)から提供され、無料登録により世界中の誰でも聴講することができます(希望により有料の修了証も取得できます)。なお本コースは、日本語音声+英語字幕で配信されます。

This course has been made available via edX, a MOOC (Massive Open Online Course) provider established in 2012 by partner university MIT. Registration is free and is open worldwide (official course completion certificates available for a fee). This course is presented in Japanese with English subtitles.

edX_JapaneseArchitecture-1

edX_JapaneseArchitecture-2

 

東京大学プレスリリース: Press release from the University of Tokyo: http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/news/notices/notices_z0801_00002.html

 

 

 

 

 

 

 

The Scene of New Architectural Education - 新しい建築教育の現場

「クリエイションの未来展」第8回隈研吾監修 「Advanced Design Studies, The University of Tokyo」新しい建築教育の現場 2016年6月12日(日)〜8月22日(月) 休館日:水曜日、8月10日〜17日 開館時間:10:00〜18:00 観覧料:無料 協力:隈研吾建築都市設計事務所、LIXIL GALLERY

トークイベント2016年7月23日(土) 18:00−20:00 隈研吾(建築家)、小渕祐介(東京大学准教授)、ゲスト講師 *6月1日(水)より申込受付を開始、定員になり次第〆切

LIXIL GALLERY

Future of Creation Exhibition #8: Supervised by Kengo Kuma Advanced Design Studies, The University of Tokyo: The Scene of New Architectural Education June 12, 2016 (Sunday) – August 22, 2016 (Monday) Closed: Wednesdays, August 10-17 Open Hours: 10:00-18:00 Admission: Free Cooperation: Kengo Kuma and Associates, LIXIL GALLERY

Talk Event July 23, 2016 18:00-20:00 Kengo Kuma (Architect), Yusuke Obuchi (Associate Professor, The University of Tokyo), Guest Lecturer *Reservations accepted from June 1 (Wednesday); registration will close when capacity met.

LIXIL GALLERY (English)

東京大学の建築学科にT_ADSという新しい場所を作りました。縦割りに分割されてズタズタになった、二十世紀の建築界をつなぎ直したいという思いで、このT_ADSを作りました。 まず、デザインする人と、物を作る人とが分裂していました。デザイナーは、かっこよさばかりを考えていたし、作る人は作りやすさと、お金のことばかりを考えていました。作る人の中も、ズタズタに分割されていました。構造体を作る人、インテリアを作る人、それぞれが自分の都合、自分の利益だけを考えて、人間のことを忘れていました。 デザインする人達もバラバラでした。形をデザインする人、構造計算をする人、積算をする人、みんなが自分の領域の中だけでの最適化をめざしていて、全体のことは忘れたふりをしていました。建築の外側にある地域環境のことは、もっと忘れていました。 そんなバラバラにされた断片を、もう一度つなぎ直そうというのが、T_ADSの目標です。つなぐためのノリとして、コンピュータに活躍してもらいます。コンピュータという小さな武器を媒介にして、建築の世界が再びひとつになることが、T_ADSの目標です。建築の世界がひとつになるだけではなく、建築と庭の世界がひとつになり、建築と都市がひとつになり、建築と地球がひとつになることも、T_ADSは夢みています。 そうなれば、T_ADSは建築学科に属している必要もないし、東京にある必要もないかもしれません。実際のところ、すでにT_ADSには、世界中の、様々な人間が参加しはじめています。そういう新しい場所の空気感とリアリティを伝えるのが、この展覧会の目標です。 (隈研吾)

We’ve made a new place in the Department of Architecture at the University of Tokyo. It’s called T_ADS, and with it, we hope to help reconnect the architectural community, which split during the twentieth century.

First, we saw a split between people who design things and people who make things. Designers only thought about creating nice aesthetics; people who made things only thought about money and how to make things easily. Even among people making things, there were divisions; structural engineers, people making interior spaces, etc. Everyone was concerned with their own interests and their own profits. The human element was forgotten.

Designers were divided too. Form designers, structural designers, surveyors; everyone aimed to optimize within their own fields of knowledge, and turned a blind eye to the bigger picture. Outside of architecture, the community environment was even more forgotten.

Reconnecting these fragments is the aim of T_ADS. We use computers as the “glue” to achieve this. Our hope is not only to make the world of architecture unified, but to also make architecture and landscaping, architecture and cities, and architecture and the earth unified.

If we can do that, T_ADS will not even need to belong to the Department of Architecture, and perhaps may not even need to be located in Tokyo. In fact, a variety of people all around the world are already a part of T_ADS. The aim of this exhibition is to share the spirit and the reality of what this new kind of “place” feels like. – Kengo Kuma

Students

  • Amy Saraya
  • Xu Minjie

Professor

  • Yusuke Obuchi

Course Assistants

  • Toshikatsu Kiuchi

Used coffee grounds are collected from Tokyo’s coffee shops. The grounds are aggregated and solidified into components before being used as odor-absorbing architecture to transform alleyways.

使用済みのコーヒーかすを、東京のコーヒーショップから収集します。コーヒーかすは硬化してコンポーネントとし、匂いを吸収する建築として路地空間に使用します。

Used coffee grounds are the raw material for the proposal. There are many coffee shops in Tokyo, and these grounds could be aggregated on an urban scale to produce a new resource.

使用済みコーヒーかすを原料とします。東京には多くのコーヒーショップがあるため、これらのかすを都市スケールで集積し、新しい資源とします。

The coffee grounds, when collected, are solidified and created into a component. The components are organized together into box-like formations to create architecture.

コーヒーかすは集められた後、硬化させ、コンポーネントになります。コンポーネントは、建築を形成するために、箱状に積み上げられます。

The architecture creates a unique gathering space that intends to transform Tokyo’s alleyways.

この建築は、東京の路地を有効に活用するためのユニークな集いの空間を生み出します。

The architecture, in addition to being visually interesting, is also odor-absorbing due to the coffee content of the proposal. This aids in creating a more pleasant experience in alleys.

この建築は、視覚的に興味深いだけでなく、コーヒーかす素材によって匂いを吸収します。このことは、路地での経験をより気持が良いものにするのに役立ちます。

intimacy cloud advanced design studies university of tokyo

Students

  • Kevin Clement
  • Anders Rod

Professor

  • Yusuke OBUCHI

Course Assistants

  • Toshikatsu KIUCHI

Waste food at convenience stores is collected and transformed into a bioplastic material. This bioplastic can be used to create architecture.

コンビニエンスストアで廃棄食品を収集し、バイオ・プラスチック素材として再利用します。このバイオ・プラスチックを建築で使用します。

Waste food collected from convenience stores is collected. A large amount of food is wasted every day at Tokyo convenience stores and the waste has potential as a resource.

コンビニエンスストアから集めた廃棄食品を活用します。毎日、多量の食糧が東京のコンビニから廃棄されており、資源としての可能性があります。

The material is transformed into a bioplastic which hardens after a period of time.

材料は、一定の時間が経つと硬化するバイオ・プラスチックに変換されます。

The bioplastic is used with a 3D drawing pen and architecture can be “drawn” by a user.

バイオ・プラスチックは、 3 D描画ペンによって用いられ、ユーザーが建築を「描く」ことができます。

The project proposes a use for waste food and in creating the temporary architecture, produces a community gathering space.

このプロジェクトは、食品廃棄物の再利用した仮説建築によって、近隣コミュニティーの人々が集まることのできるスペースを提供します。

harvesting plasticity advanced design studies university of tokyo harvesting plasticity advanced design studies university of tokyo harvesting plasticity advanced design studies university of tokyo

Students

  • Benjamin Berwick
  • Yanli Xiong

Professor

  • Yusuke Obuchi

Course Assistants

  • Toshikatsu Kiuchi

Hair is collected from Tokyo hair salons. The material is gathered and punched to produce components, and is then assembled to create an adaptive shade for apartments.

毛髪を東京の美容院から収集します。毛髪を圧縮してコンポーネントを形成し、集合住宅に適応する日除けをつくります。

The raw material for the project is hair collected from Tokyo hair salons. The clippings are usually thrown away, but on the urban scale and through aggregation, the hair is a potential resource.

プロジェクトの原料は、東京の美容院から収集した毛髪です。切り刻まれた毛髪は通常廃棄されますが、都市的な規模で集約することにより、資源となる可能性があります。

The hair is punched to create a fabric-like material after it is aggregated. Components can then be created from the material in a folding pattern.

毛髪は、生地のような素材に変換するため圧縮されます。出来上がったコンポーネントで、折り畳みパターンをつくります。

A series of folded components are fit together to produce a canopy which can be moved and repositioned as the user sees fit.

一連の折り畳みコンポーネントは、寄り集まって可動の日除けになります。ユーザーは、ふさわしい位置にそれを動かすことができます。

The canopy provides shade, but it also allows the owner of the canopy to personalize the façade of their balcony (upon which the canopy is placed).

日除けを動かすことによって、所有者は、集合住宅のファサードをカスタマイズすることができます。

digital garden university of tokyo advanced design studies

digital garden university of tokyo advanced design studies

digital garden university of tokyo advanced design studies

The University of Tokyo Design Think Tank INTERNET OF BEHAVIOR

IoB-poster_DTT

 

|展示| 日時:2016年3月5日(土)〜3月13日(日) 10:00 – 17:00 会場:参青山ビル外構スペース(東京都港区北青山 2-12-2) 東京メトロ銀座線外苑前駅より徒歩 3 分    入場無料

|オープニングレセプション| 日時:2016年3月5日(土)  13:00 – 15:00 会場:参青山ビル外構スペース(東京都港区北青山 2-12-2)    入場無料 ※ 小渕祐介(東京大学建築学専攻)、DTT 研究チーム及び T_ADS 所属学生によるギャラリートーク

|公開セミナー| 日時:2016 年 3 月 6 日(日)16:00-18:30(開場 15:30) 場所東京大学工学部1号館15号講義室(東京都文京区本郷 7-3-1)   定員100名先着順 入場無料 発表:Design Think Tank 研究チーム、東京大学建築学専攻小渕研究室 モデレータ:小渕祐介(東京大学建築学専攻) パネリスト:隈研吾(東京大学建築学専攻)、 西村善治、楠本正幸、篠原宏年(NTT都市開発)、四方裕(新建築社)、小林恵吾(早稲田大学創造理工学部建築学科)、梅崎昌裕(東京大学医学系研究科人類生態学分野)、佐々木宏(シンガタ)、和多利浩一(ワタリウム美術館)

 

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T_ADS)では、2015年4月、文化・経済活動が多様に相互作用する都市生態の把握と都市デザインへの応用に取り組む研究組織 Design Think Tank(DTT)を、NTT都市開発、新建築社との共同で立ち上げました。

「Internet of Behavior ―個が共鳴し合う都市生態へ―」展、及び公開セミナーでは、DTTが目指す都市生態——小さな個や共の集まりが積極的に自らの都市を形づくり、活気づく生態のあり方——を形成するために取り組むべき問題系の同定に向け、これまでのDTTの作業過程を提示し、広く都市に関わる専門家、研究者と問題意識を共有したいと考えています。

日本の都市開発において、「床をつくれば売れる」時代は過ぎ去り、いかにしてソフト的な付加価値を同時に生み出せるかに関心が集まるようになりました。また、一方向的に「サービスを与える/受ける」だけのビジネスに対し、人々の参加を前提に「経験そのものを提供する」ビジネスが台頭してきたことは、都市デザインの対象が「もの」から「こと」へ移行してきた流れと合致しているように見受けられます。DTT が考える「個が共鳴しあう都市生態」とは、こうした社会状況への応答を意図したものです。個や共の営み=「こと」が、小さくとも互いに意識的/無意識的にネットワークされることで、いかに都市を更新する大きな力となるのか、またその働きを促進する「もの」の仕組みとはどんなものか。都市における「もの」と「こと」の空間・時間的な移ろいが相互に連関し合う様を、データを通し一つのInternet として捉える。その相互作用のメカニズムを把握し、都市生態への介入の糸口を探ります。

 

主催 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T_ADS) 共催 NTT都市開発株式会社  株式会社新建築社


Exhibition San-Aoyama Building (2-12-2, Kita-aoyama, Minato-ku, Tokyo) 2016/3/5 — 2016/3/13 10:00 – 17:00

Opening Reception San-Aoyama Building (2-12-2, Kita-aoyama, Minato-ku, Tokyo) 2016/3/5 13:00 – 15:00

Open Seminar Faculty of Engineering Building 1 Lecture Hall 15 2016/3/6 16:00 — 18:30 (Opens from 15:30) moderator – Yusuke Obuchi (The University of Tokyo) panelist – Kengo Kuma (The University of Tokyo) – Yoshiharu Nishimura (NTT Urban Development) – Masayuki Kusumoto (NTT Urban Development) – Hirotoshi Shinohara (NTT Urban Development) – Yutaka Shikata (Shinkenchiku-sha) – Keigo Kobayashi (Waseda University) – Masahiro Umezaki (The University of Tokyo) – Hiroshi Sasaki (Shingata) – Kouichi Watari (Watarium)

Population-Fluidity-

Students

  • Fawad Osman
  • Jin Qiaomu

Professor

  • Yusuke Obuchi

Course Assistants

    • Toshikatsu Kiuchi

An aggregate of chopsticks are arranged with the help of a guidance system to produce funicular cones.

大量の割り箸をガイド・システムを用いて配置することによって、逆円錐形状の建築をつくります。

Disposable chopsticks are the material chosen for this proposal. The chopsticks are gathered and used in aggregate.

使い捨て可能な割り箸が、この提案の素材です。集められた箸は、集積させて用います。

Used on a massive scale, the sticks are aggregated and held in place with glue.

大規模なスケールで使うため、集積した割り箸は接着剤で固定されます。

Stick aggregation is facilitated with a guidance system that essentially creates a large scale 3-D printing setup. The resulting cones produce a gathering space.

割り箸の集積は、巨大な3Dプリント機構によってガイドされます。結果として得られる逆円錐形は、人々が集う空間を演出します。

This architecture creates a use for waste chopsticks, an everyday material in Japan. It also creates a community center.

この建築は、日本で毎日大量に発生する割り箸を再利用することで、コミュニティの核となる場所をつくることを提案します。

symbiotick landscapes advanced design studies university of tokyo

symbiotick landscapes advanced design studies university of tokyo

The 2015 Digital Fabrication Lab project, TOCA (Tool Operated Choreographed Architecture) explored the potentials of human-machine collaboration in a manner that expanded on the knowledge acquired in the 2014 STIK Pavilion project. The research and development of the TOCA project sought to utilize the adaptability and creativity of humans, and combine it with the precision and efficiency of machinery. The resulting pavilion utilized a scanning and guiding system to support human users on-site, a material used to extrude components (foam), a handheld “smart” tool to dispense the material, and a geometric form which iteratively optimized through use of a feedback system that integrated human error. The pavilion project, which began with a digitally-defined target model, was constructed on-site by teams of users, who sprayed components by hand. The results of the work were scanned and analyzed, and an updated digital model was defined and indicated to users for the next layer of the project. In this manner, any “errors” introduced throughout the spraying process were integrated into subsequent construction steps. The final pavilion represents the accumulation and integration of these errors. The project was made possible through cross-disciplinary collaboration; structural engineering, architecture, and computer science laboratories contributed to realizing the technologies and the final output.

Project Credits

University of Tokyo Staff

Yusuke Obuchi (Associate Professor), Department of Architecture

Jun Sato (Professor), Department of Frontier Sciences

Takeo Igarashi (Professor), Department of Computer Science

Kaz Yoneda (Research Assistant), Department of Architecture

Kosuke Nagata (Technical Advisor), Computer Science

Kensuke Hotta (Course Assistant), Department of Architecture

Mika Araki (Researcher), Department of Frontier Sciences

Yosuke Takami (Technical Assistant), Department of Computer Science

 

Students

Gilang Arenza

Hadin Charbel

Ann-Kristin Crusius

Jiang Lai

Samuel Eugene Lalo

Deborah Lopez Lobato

Yuanfang Lu

Ratnar Sam

Pitchawut Virutamawongse

Ying Xu

Jan Vranovsky

Akane Imai

Pan Kalin

Yi Dong Alric Lee

Ittidej Lirapirom

Kenneth Larssen Lonning

Luca Maruli

Moritz Munzenmaier

Masatoshi Nishizato

Victor Hugo Wido

Christopher Wilkens

Li Xu

Isaac Sekjoon Yoo

Yihan Zhang

 

Sponsor

Takenaka

Photographer

Jan Vranovsky

 

 

The University of Tokyo Digital Fabrication Lab Pavilion 2015 TOCA (Tool Operated Choreographed Architecture)

taco

|パビリオン展示| 日時:12月1日(火)〜12月14日(月) 10:00 – 17:00 場所:東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場

|パネル・模型展示| 日時:11月24日(火)〜12月14日(月) 7:00 – 18:00(平日のみ) 場所:東京大学本郷キャンパス工学部11号館1階展示スペース

|シンポジウム| 機械・人間・建築 Ⅱ Architecture in the Age of Cyborgs Ⅱ 日時:12月5日(土)13:00 – 18:00(開場12:30) 場所:東京大学工学部1号館15号講義室(定員100名先着順 入場無料) 趣旨:3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル・ファブリケーション機器は、建築の生産と私たちの生活をどう変えるのか——  DFL(Digital Fabrication Lab)は毎年、建設会社と共同で、デジタル・ファブリケーションを応用した実験的パビリオンの建設を行っています。本年、竹中工務店と共同で行っているTOCA(Tool Operated Choreographed Architecture)プロジェクト(進行中)は、昨年に引き続き「人と機械の恊働」をテーマとし、「人が地面から建築を描き上げる3Dペン」による建築に挑みます。 昨年取り組んだ STIK(Smart Tool Integrated Konstruction)プロジェクトでは、あらかじめ決めた目標形状に向けて、デジタルの施工情報をプロジェクション・マッピングで作業者に伝えるシステムと、割り箸のような棒材を接着剤とともに送り出す手持ち工具を組み合わせ、「人と機械が融合した3Dプリンタ」による新しい建築表現を実現しました。今年のTOCAプロジェクトでは、目標形状を作業者に伝えることに加えて、人の作業による誤差をデジタル化して構造最適化をくり返すことで、目標形状自体を徐々に変化させることを試みます。これは、人と機械が恊働することにより、あらかじめ形状がデザインされていながら、人間的なゆらぎを柔軟に取り込み、実際の施工によってはじめてユニークに形状が確定する建設システムです。 シンポジウムでは、第一部で、DFLと共同研究した構造の佐藤淳研究室、コンピューター・サイエンスの五十嵐健夫研究室、そして竹中工務店とともにパビリオンTOCAの成果を報告します。第二部では、デジタル機械の建築への応用研究を推進しているスイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH-Z)教授のマティアス・コーラー氏を招き、国内で先進的な研究を行っている研究者の方々とともに、私たちがこれから考えるべき機械・人間・建築について議論を行います。 第一部(13:00 -): 小渕祐介(東京大学准教授)、米田カズ(東京大学小渕研究室)、五十嵐健夫(東京大学教授・コンピュータ科学専攻)、荒木美香(東京大学佐藤淳研究室・構造担当)、竹中工務店プロジェクトチーム 第二部(15:30 -): マティアス・コーラー(スイス連邦工科大学チューリッヒ校教授)、金田充弘(東京藝術大学准教授)、池田靖史(慶應義塾大学大学教授)、小林博人(慶應義塾大学教授) オープニングレセプション(18:00 – 19:00)参加無料

 

主催 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T_ADS) 企画 東京大学建築学専攻 Digital Fabrication Lab(DFL) 共同研究 株式会社竹中工務店 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 五十嵐健夫研究室 東京大学工学系研究科建築学専攻 佐藤淳研究室 研究協力 株式会社エービーシー商会 太陽金網株式会社 マーキュリー・サプライ・システムス株式会社 デミレックジャパン株式会社 圓井繊維機械株式会社 サンエム工業株式会社 (順不同)


Display of the Pavilion In Front of Faculty of Engineering Building 1, Hongo Campus 2015/12/1 — 2015/12/14 10:00 – 17:00

Panel and Process Exhibition Faculty of Engineering Building 11 Atrium Exhibition Space 2015/11/24 — 2015/12/14 7:00 – 19:00 (Weekdays)

Symposium :  Architecture in the Age of Cyborgs Ⅱ Faculty of Engineering Building 1 Lecture Hall 15 2015/12/5 13:00 — 18:00 (Opens from 12:30) Session 1 (13:00 – ) – Yusuke Obuchi (The University of Tokyo) – Kaz Yoneda (The University of Tokyo) – Takeo Igarashi (The University of Tokyo, Computer Science) – Mika Araki (The University of Tokyo, Structure Engineering) – TAKENAKA Project Team Session 2 (15:30 – ) – Matthias Kohler (ETH-Z) – Mitsuhiro Kanada (Tokyo University of the Arts) – Yasushi Ikeda (Keio University) – Hiroto Kobayashi (Keio University) Opening Reception   18:00 – 19:00

TOCA_poster

Students

  • Ma SUSHANG
  • Zhang YE

Professor

  • Yusuke OBUCHI

Course Assistants

  • Toshikatsu KIUCHI
  • So SUGITA

Students

  • Christopher SJOBERG
  • Yeonsang SHIN

Professor

  • Yusuke OBUCHI

Course Assistants

  • Toshikatsu KIUCHI
  • So SUGITA

横浜港大さん橋国際客船ターミナル国際コンペ20周年 建築シンポジウム

T_ADS_CA_A4-01T_ADS_CA_A4-02

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月6日(土) 磯崎新 基調講演 「わ」空間の制度と構造 時間: 17:00 – 20:00(開場16:30) 場所:東京大学 工学部1号館15号講義室(定員 100名先着順 入場無料) 出演:磯崎新/エリック・オーウェン・モス/ジェフリー・キプニス/隈研吾/小渕祐介

2015年6月7日(日) シンポジウム THE SAGA OF CONTINUOUS ARCHITECTURE 連続的建築は、これからも連続するか? 時間: 10:00 – 16:30(開場 9:30) 場所:横浜港大さん橋国際客船ターミナル 大さん橋ホール(定員 800名先着順 入場無料) [第一部]“Agile Topologies: bringing the ground to life” アレハンドロ・ザエラ・ポロ/渡辺邦夫/ジェシー・ライザー/梅本奈々子/隈研吾/ジェフリー・キプニス [第二部]“The generalized calculated surface: The incredible, Lightness and Being” 妹島和世/佐々木睦朗/ヘルナン・ディアス・アロンソ/リーアム・ヤング/小渕祐介 [総括]磯崎新

1995年におこなわれた横浜港大さん橋国際客船ターミナル国際コンペで実施案となったForeign Office Architects (FOA)案の基本コンセプトContinuous Architectureは、その後の20年間に世界でどのように展開したのか? それを実現させた日本では、どのような独自の発展があったのか? 幅広い視点から議論をおこない、これからの建築の可能性について考える。 Continuous Architectureとは、連続する一枚の面(サーフェス)などによって構成される連続的建築で、1990年代初頭にロンドンのAAスクールを中心に理論化がはじまり、デジタル技術の建築設計への応用が活発化するのに並行してアメリカ東海岸を中心にプロジェクトに用いられ、世界的に大きな影響を及ぼした。横浜港大さん橋国際客船ターミナルはContinuous Architectureが大規模な建築として実現された世界初の事例であると言われる。

後援: YKK AP株式会社 窓研究所 公益財団法人ユニオン造形文化財団 小松精練株式会社

主催: 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies (T_ADS) Princeton University School of Architecture Southern California Institute of Architecture (SCI-Arc)


Yokohama International Port Terminal Competition 20th Anniversary THE SAGA OF CONTINUOUS ARCHITECTURE

 

June 6 (Sat) 17:00-20:00 Arata Isozaki Keynote Lecture: System and Structure of “Wa” Spaces The University of Tokyo Engineer Bldg.1 Lecture room 15 (Opens from 16:30, 100 seats maximum, Free admission) – Arata Isozaki (Arata Isozaki & Associates) – Eric Owen Moss (SCI-Arc, Eric Owen Moss Architects) – Jeffrey Kipnis (The Ohio State University) – Kengo Kuma (The University of Tokyo, Kengo Kuma & Associates) – Yusuke Obuchi (The University of Tokyo)

June 7 (Sun) 10:00-16:30 Symposium: The Saga of Continuous Architecture Yokohama International Port Terminal Osanbashi Hall (Opens from 09:30, 800 seats maximum, Free admission) Session 1:  “Agile Topologies: bringing the ground to life” – Alejandro Zaera-Polo (Princeton University, AZPML) – Kunio Watanabe (Structural Design Group) – Jesse Reiser (Princeton University, Reiser+Umemoto RUR Architecture) – Nanako Umemoto (Columbia University, Reiser+Umemoto RUR Architecture) – Kengo Kuma (The University of Tokyo, Kengo Kuma & Associates) – Jeffrey Kipnis (The Ohio State University) Session 2:  “The generalized calculated surface: The incredible, Lightness and Being” – Kazuyo Sejima (SANAA) – Mutsuro Sasaki (Hosei University, Sasaki and Partners) – Hernan Diaz Alonso (SCI-Arc, XEFIROTARCH) – Liam Young (Princeton University, Tomorrow’s Thoughts Today) – Yusuke Obuchi (The University of Tokyo) Conclusion – Arata Isozaki (Arata Isozaki & Associates)

The occasion of the Yokohama International Port Terminal competition in 1995 was a watershed moment for the discipline of architecture in many respects. A new generation of architects and theorists across the globe seized it as a platform to explore emerging modalities in design, design technology, and delivery which would become the mediums through which and against which much of contemporary practice would play out. To understand this shift is to recognize that the Port Terminal project elicited changes not simply in one architectural register but across almost all of the disciplinary and sub-disciplinary categories that involve the conception and practice of design. This symposium will reengage the Yokohama Terminal with neither nostalgia nor negativity. The symposium is designed to trace the birth and development of continuous architecture, a concept which became a basis for the design of the Yokohama Terminal. The symposium will also include a discussion of the influence of the project on current architectural practices and beyond.

Read more Comments Off on LECTURE + SYMPOSIUM: THE SAGA OF CONTINUOUS ARCHITECTURE 連続的建築は、これからも連続するか?

Design Team:

The University of Tokyo teaching staff: Yusuke Obuchi, Toshikatsu Kiuchi, So Sugita, Hironori Yoshida, Kosuke Nagata, Kaz Yoneda

The University of Tokyo students: Kevin Clement, Minjie Xu, Fawad Osman, Qiaomu Jin,  Ornchuma Saraya, Benjamin Berwick, Anders Rod, Yanli Xiong,  Gilang Arenza Judinaputra, Pitchawut Virutamawongse, Samuel Aaron Eugene Lalo, Rossina Shatarova, Ratnar Sam, Ying Xu, Deborah Lopez, Hadin Habib Charbel, Ann-Kristin Crusius,  Jiang Lai, Yuanfang Lu, Alexandra Karlsson, Jan Vranovsky, Mariko Mori

Completion date: November 2014


Digital Fabrication Lab Pavilion, 2014

Design Team:

The University of Tokyo teaching staff: Yusuke Obuchi, Toshikatsu Kiuchi, So Sugita, Hironori Yoshida, Kosuke Nagata, Kaz Yoneda

The University of Tokyo students: Kevin Clement, Minjie Xu, Fawad Osman, Qiaomu Jin,  Ornchuma Saraya, Benjamin Berwick, Anders Rod, Yanli Xiong,  Gilang Arenza Judinaputra, Pitchawut Virutamawongse, Samuel Aaron Eugene Lalo, Rossina Shatarova, Ratnar Sam, Ying Xu, Deborah Lopez, Hadin Habib Charbel, Ann-Kristin Crusius,  Jiang Lai, Yuanfang Lu, Alexandra Karlsson, Jan Vranovsky, Mariko Mori

Shimizu Corporation: Kazuhide Sakai, Takeya Sato, Hiroyuki Ogura, Hideki Umeyama, Kiichiro Tanno, Zaita Hironori, Syunsuke Igarashi, Masahiro Indo, Keigo Takeuchi, and Shimiz Kiba Wood Workshop

Structural engineer: Jun Sato, Mika Araki, Masaaki Miki Department of Socio-Cultural Environmental Studies / Graduate School of Frontier Sciences

Guidance System: Prof. Takeo Igarashi, Yosuke Takami Department of Computer Science / Graduate School of Information Science and Technology

Design Phase: October 2013 – March 2014

Design development, fabrication & construction: April – November 2014

Completion date: November 2014


“Projection and Reception”

Date : March 17th 2013 Guest Panel : Jesse Reiser, Nanako Umemoto, Sylvia Lavin, Brett Steele, Jeff Kipnis, Kengo Kuma, Yusuke Obuchi

Read more Comments Off on SYMPOSIUM: PROJECTION AND RECEPTION