centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde

centre pompidou drawn pavilion advanced design studies university of tokyo Mutations Créations Imprimer le Monde TーADS is proud to announce the work of alumni Kevin Clement and Anders Rod is being featured at the Centre Pompidou Museum in Paris, France. The exhibit, originally conceived as the Harvesting Plasticity graduate research project, is a hanging work featured as a part of the Mutations/Créations event. The event aims to bring together design, architecture, and music.

This work is included as a part of the Imprimer le Monde exhibition, a collection of works exploring the use of the digital for 3D creations.

Mutations / Créations Imprimer le Monde, A Collective Exhibition Centre Pompidou, Paris, France 15 March – 19 June, 2017 Galerie 4, level 1

(Mutations / Créations details via Centre Pompidou)

Project Credits University of Tokyo Advanced Design Studies Unit (TーADS) Professors: Yusuke Obuchi, Kengo Kuma, Manabu Chiba Core research: Kevin Clement, Anders Rod Project Coordinators: Kevin Clement, Shuntaro Nozawa Project Team: Jiang Lai, Deborah Lopez, Hadin Charbel, Mika Portugaise, Chen Xiaoke, Ruta Stankeviciute, Hirokazu Tei, Wu Ziyi, Alric Lee, Nathalia Rotelli, Emi Shiraishi, Veronika Smetanina, Tom Moss, Yang Ao, Tyler Mcbeth

Jun Sato Lab Professor: Jun Sato Project Team: Mika Araki, Ying Xu

Video Production: Deborah Lopez, Hadin Charbel

Special thanks to: Kengo Kuma and Associates, The University of Tokyo Department of Architecture École Spéciale d’Architecture

Gallery of Construction Images

This slideshow requires JavaScript.

Timelapse Video of Installation (courtesy Centre Pompidou)

2016年DFLパビリオンComputational Clayエキシビション

場所:鹿島建設技術研究所 1階展示スペース (アックセス) 開催:3月14日(火)〜24日(金) 09:00-17:00(平日のみ、最終日は午前中のみ) ※ 一般に開放されているスペースです。どなたにでもご覧頂けます。

COMPUTATIONAL CLAY 2017 PAVILION DISPLAY & PANEL EXHIBITIONのご案内(鹿島)

Computational Clay Exhibition – Pavilion and Panel Display Tuesday March 14th – Friday March 24th Entrance, Ground Floor, Kajima Technical Research Center (Chofu, Tokyo) 09:00-17:00, weekdays only Entrance free of charge Kajima Technical Research Institute Access Information

社会実験イベントのご案内

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T–ADS)では、文化・経済が複雑に交差する都市を「生態系」として捉え、デザインへ応用することを目指す研究組織Design Think Tank(DTT)を立ち上げ、NTT都市開発、新建築社との共同研究を2015年4月にスタートしました。

このたびDTTでは、その一環として台東区の三筋・小島・鳥越(三小鳥〔ミコドリ〕)において、街の方々と共同で行う社会実験イベント 『ツギ_ツギ #01 白米モノヅクリ自転車おかず』 を開催いたします。

三小鳥〔ミコドリ〕地域は、こだわりの「ものづくり」文化が息づく、知る人ぞ知るエリアで、今回ここで行う実験は、 1.レンタル・乗り捨てができる、無料コミュニティサイクル(自転車)に乗り、 2.おかず横丁で無料ごはん・けんちん汁(先着150名様)と、商店街のおかずをいただき、 3.ものづくり横丁で職人さんの技術も体験(有料)、 4.下町人情あふれる町をぶらぶら巡りながら、お気に入り風景を写真撮影、 5.撮った写真をプロジェクトサイトにアップして無料ホットドリンクをゲット(御徒町と蔵前でそれぞれ先着100名)、心も体も温まる ことです。 冬の凛とした空気の中、町を巡る気持ちよさと楽しさを感じに、ぜひお越し下さい!皆さんの参加が、三小鳥に満ち溢れている隠れた魅力を、ツギツギと引き出していきます。

イベント詳細 日時: 2月4日(土)12:00-17:00 無料コミュニティサイクル 「ごはんとけんちん汁」プレゼント(先着150名) ものづくり横丁ワークショップ(有料) 2月5日(日)12:00-17:00 無料コミュニティサイクルのみ 会場: 御徒町サイクルポート 2k540 AKI-OKA ARTISAN 東京都台東区上野五丁目9 鳥越サイクルポート 東京都台東区鳥越1丁目 おかず横丁内 蔵前サイクルポート 東京都台東区蔵前1丁目3-35 NTT 蔵前ビル

主催: 鳥越本通り商盛会 企画: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies NTT都市開発株式会社 株式会社新建築社 ものづくり横丁 後援: 台東区

≫ その他の詳細については http://tsugi-tsugi.jp/ をご覧ください。

Introduction In the Advanced Design Studies Program (T—ADS) at the University of Tokyo’s Department of Architecture, cities are conceptualized as “ecosystems” where culture and economics intersect in a complex way. In April 2015, T—ADS established the Design Think Tank (DTT) research organization, a collaboration with NTT Urban Development Corporation and Shinkenchiku. DTT’s current focus is on a region of Taito ward which encompasses Misuji, Kojima, and Torigoe neighborhoods (nicknamed “Mikodori”). In its first ever exploratory community event, pursued in collaboration with Mikodori residents, DTT is pleased to announce Tsugi Tsugi (One by One) #1: Cycling, Side Dishes, Rice, and Craft.

Concept The Mikodori area is a place that lives and breathes craft culture; where specialists produce as-yet unfamiliar creations. It will be the hub for this exploration. 1. Ride community-use bicycles for free (regularly available for rent). 2. On Okazu Yokocho (Side Dish Street), free rice and kenchin (vegetable) soup will be given to the first 150 people to arrive. There will be additional side dishes to enjoy on local shopping streets. 3. On Craft Street, participate in a creative experience with a local craftsman (fee required). 4. Take pictures of interesting locations as you wander through the old town area. 5. The first 100 people to upload a photo to the project website will get a free hot drink (in front of Okachimachi and Kuramae stations)! One by one, we aim to reveal the hidden charms of the Mikodori area. Join us for this fun exploration!

Event Details: February 4 (Sat) 12:00-17:00 Free community cycle use Rice + Kenchin soup (first 150 people) Workshop in Monozukuri Yokocho (fee required)

February 5 (Sunday) 12:00-17:00 Free community cycle use only

Location: Okachimachi Cycle Port: 2k540 AKI-OKA Artisan Tokyo-to, Taito-ku, Ueno 5-9 Torigoe Cycle Port: Tokyo-to, Taito-ku, Torigoe 1 (inside Okazu Yokocho) Kuramae Cycle Port: Tokyo-to, Taito-ku, Kuramae 1-3-35, NTT Kuramae Building

Sponsor: Torigoe Main Street Business Association Planning: The University of Tokyo, Department of Architecture, Advanced Design studies In Cooperation with: Advanced Design Studies (The University of Tokyo Department of Architecture), NTT Urban Development Incorporated, Shinkenchiku Incorporated, Monozukuri Yokocho Supported by: Taito Ward For other details (in Japanese), please refer to tsugi-tsugi.jp.

computational clay full poster t ads advanced design studies

パビリオン公開 // PAVILION DISPLAY 12月5日(月)– 12月18日(日)// December 5 (Mon) – December 18 (Sun) 10:00 – 17:00

東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場 The University of Tokyo, Hongo Campus, Engineering Building #1 Plaza

パネル・模型展示 // PANEL AND PROCESS EXHIBITION 12月5日(月)– 12月17日(土)// December 5 (Mon) – December 17 (Sat) 平日と土曜日のみ // Weekdays and Saturdays only 07:00 – 18:00 (12月5日は13:00から) // (Open at 13:00 on December 5) 東京大学本郷キャンパス工学部 11 号館1階展示スペース(入場無料) The University of Tokyo Hongo Campus, Engineering Building #11, 1F Exhibition Space (free entry)

主催: 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T—ADS) PRODUCED BY: Advanced Design Studies, Department of Architecture, The University of Tokyo

企画: 東京大学建築学専攻 Digital Fabrication Lab(DFL) 鹿島建設株式会社 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 五十嵐健夫研究室 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 佐藤淳研究室 素材協力: 株式会社エコグリーン、株式会社東邦アーステック(順不同)

PLANNING: Digital Fabrication Lab (DFL), Department of Architecture, The University of Tokyo

IN COLLABORATION WITH: Kajima Corporation Graduate School of Information Science and Technology, Department of Computer Science, Takeo Igarashi Laboratory Graduate School of Frontier Sciences, Department Socio-cultural Environmental Studies, Jun Sato Laboratory MATERIALS PROVIDED BY: Eco Green, Toho EarthTech (in random order)

東京大学建築学専攻Digital Fabrication Lab(DFL)では、建築施工におけるデジタル技術の活用をテーマに、毎年実験的なパビリオンを制作しています。単に技術による自動化や高度化を目指すのではなく、そこに「人間が関わること」の可能性を探る実証の場として、これまで「人間と機械が融合した3Dプリンター」(2014年STIKパビリオン)や「巨大3Dペン」(2015年TOCAパビリオン)を建築スケールで再現してきました。

本年Computational Clayプロジェクトでは「人間が関わること」をより一層推し進め、個性としての身体パフォーマンスを建築表現に反映させるため、人の動きと素材と関係に着目したユニークなパネル加工システムを開発しました。

Every year in the University of Tokyo’s Digital Fabrication Lab (DFL), digital fabrication technologies are used to produce an experimental pavilion project. The aim, rather than being simply to achieve automation or precision through use of such technologies, is to explore the potentials for human and machine collaboration. Past projects have focused on fusions between humans and machines through the use of 3D printers: the 2014 STIK Pavilion explored this theme through guided aggregation, and the 2015 TOCA Pavilion by using humans as a parameter along with an oversized 3D pen.

This year, in the Computational Clay Pavilion, we advance the role of the human in construction one step further, examining how an individual’s capabilities and performance can be expressed in an architectural output. We have developed a unique panelized construction system wherein the movements of humans and their relationship to the material are explored.

The Scene of New Architectural Education - 新しい建築教育の現場

「クリエイションの未来展」第8回隈研吾監修 「Advanced Design Studies, The University of Tokyo」新しい建築教育の現場 2016年6月12日(日)〜8月22日(月) 休館日:水曜日、8月10日〜17日 開館時間:10:00〜18:00 観覧料:無料 協力:隈研吾建築都市設計事務所、LIXIL GALLERY

トークイベント2016年7月23日(土) 18:00−20:00 隈研吾(建築家)、小渕祐介(東京大学准教授)、ゲスト講師 *6月1日(水)より申込受付を開始、定員になり次第〆切

LIXIL GALLERY

Future of Creation Exhibition #8: Supervised by Kengo Kuma Advanced Design Studies, The University of Tokyo: The Scene of New Architectural Education June 12, 2016 (Sunday) – August 22, 2016 (Monday) Closed: Wednesdays, August 10-17 Open Hours: 10:00-18:00 Admission: Free Cooperation: Kengo Kuma and Associates, LIXIL GALLERY

Talk Event July 23, 2016 18:00-20:00 Kengo Kuma (Architect), Yusuke Obuchi (Associate Professor, The University of Tokyo), Guest Lecturer *Reservations accepted from June 1 (Wednesday); registration will close when capacity met.

LIXIL GALLERY (English)

東京大学の建築学科にT_ADSという新しい場所を作りました。縦割りに分割されてズタズタになった、二十世紀の建築界をつなぎ直したいという思いで、このT_ADSを作りました。 まず、デザインする人と、物を作る人とが分裂していました。デザイナーは、かっこよさばかりを考えていたし、作る人は作りやすさと、お金のことばかりを考えていました。作る人の中も、ズタズタに分割されていました。構造体を作る人、インテリアを作る人、それぞれが自分の都合、自分の利益だけを考えて、人間のことを忘れていました。 デザインする人達もバラバラでした。形をデザインする人、構造計算をする人、積算をする人、みんなが自分の領域の中だけでの最適化をめざしていて、全体のことは忘れたふりをしていました。建築の外側にある地域環境のことは、もっと忘れていました。 そんなバラバラにされた断片を、もう一度つなぎ直そうというのが、T_ADSの目標です。つなぐためのノリとして、コンピュータに活躍してもらいます。コンピュータという小さな武器を媒介にして、建築の世界が再びひとつになることが、T_ADSの目標です。建築の世界がひとつになるだけではなく、建築と庭の世界がひとつになり、建築と都市がひとつになり、建築と地球がひとつになることも、T_ADSは夢みています。 そうなれば、T_ADSは建築学科に属している必要もないし、東京にある必要もないかもしれません。実際のところ、すでにT_ADSには、世界中の、様々な人間が参加しはじめています。そういう新しい場所の空気感とリアリティを伝えるのが、この展覧会の目標です。 (隈研吾)

We’ve made a new place in the Department of Architecture at the University of Tokyo. It’s called T_ADS, and with it, we hope to help reconnect the architectural community, which split during the twentieth century.

First, we saw a split between people who design things and people who make things. Designers only thought about creating nice aesthetics; people who made things only thought about money and how to make things easily. Even among people making things, there were divisions; structural engineers, people making interior spaces, etc. Everyone was concerned with their own interests and their own profits. The human element was forgotten.

Designers were divided too. Form designers, structural designers, surveyors; everyone aimed to optimize within their own fields of knowledge, and turned a blind eye to the bigger picture. Outside of architecture, the community environment was even more forgotten.

Reconnecting these fragments is the aim of T_ADS. We use computers as the “glue” to achieve this. Our hope is not only to make the world of architecture unified, but to also make architecture and landscaping, architecture and cities, and architecture and the earth unified.

If we can do that, T_ADS will not even need to belong to the Department of Architecture, and perhaps may not even need to be located in Tokyo. In fact, a variety of people all around the world are already a part of T_ADS. The aim of this exhibition is to share the spirit and the reality of what this new kind of “place” feels like. – Kengo Kuma

The University of Tokyo Design Think Tank INTERNET OF BEHAVIOR

IoB-poster_DTT

 

|展示| 日時:2016年3月5日(土)〜3月13日(日) 10:00 – 17:00 会場:参青山ビル外構スペース(東京都港区北青山 2-12-2) 東京メトロ銀座線外苑前駅より徒歩 3 分    入場無料

|オープニングレセプション| 日時:2016年3月5日(土)  13:00 – 15:00 会場:参青山ビル外構スペース(東京都港区北青山 2-12-2)    入場無料 ※ 小渕祐介(東京大学建築学専攻)、DTT 研究チーム及び T_ADS 所属学生によるギャラリートーク

|公開セミナー| 日時:2016 年 3 月 6 日(日)16:00-18:30(開場 15:30) 場所東京大学工学部1号館15号講義室(東京都文京区本郷 7-3-1)   定員100名先着順 入場無料 発表:Design Think Tank 研究チーム、東京大学建築学専攻小渕研究室 モデレータ:小渕祐介(東京大学建築学専攻) パネリスト:隈研吾(東京大学建築学専攻)、 西村善治、楠本正幸、篠原宏年(NTT都市開発)、四方裕(新建築社)、小林恵吾(早稲田大学創造理工学部建築学科)、梅崎昌裕(東京大学医学系研究科人類生態学分野)、佐々木宏(シンガタ)、和多利浩一(ワタリウム美術館)

 

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T_ADS)では、2015年4月、文化・経済活動が多様に相互作用する都市生態の把握と都市デザインへの応用に取り組む研究組織 Design Think Tank(DTT)を、NTT都市開発、新建築社との共同で立ち上げました。

「Internet of Behavior ―個が共鳴し合う都市生態へ―」展、及び公開セミナーでは、DTTが目指す都市生態——小さな個や共の集まりが積極的に自らの都市を形づくり、活気づく生態のあり方——を形成するために取り組むべき問題系の同定に向け、これまでのDTTの作業過程を提示し、広く都市に関わる専門家、研究者と問題意識を共有したいと考えています。

日本の都市開発において、「床をつくれば売れる」時代は過ぎ去り、いかにしてソフト的な付加価値を同時に生み出せるかに関心が集まるようになりました。また、一方向的に「サービスを与える/受ける」だけのビジネスに対し、人々の参加を前提に「経験そのものを提供する」ビジネスが台頭してきたことは、都市デザインの対象が「もの」から「こと」へ移行してきた流れと合致しているように見受けられます。DTT が考える「個が共鳴しあう都市生態」とは、こうした社会状況への応答を意図したものです。個や共の営み=「こと」が、小さくとも互いに意識的/無意識的にネットワークされることで、いかに都市を更新する大きな力となるのか、またその働きを促進する「もの」の仕組みとはどんなものか。都市における「もの」と「こと」の空間・時間的な移ろいが相互に連関し合う様を、データを通し一つのInternet として捉える。その相互作用のメカニズムを把握し、都市生態への介入の糸口を探ります。

 

主催 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T_ADS) 共催 NTT都市開発株式会社  株式会社新建築社


Exhibition San-Aoyama Building (2-12-2, Kita-aoyama, Minato-ku, Tokyo) 2016/3/5 — 2016/3/13 10:00 – 17:00

Opening Reception San-Aoyama Building (2-12-2, Kita-aoyama, Minato-ku, Tokyo) 2016/3/5 13:00 – 15:00

Open Seminar Faculty of Engineering Building 1 Lecture Hall 15 2016/3/6 16:00 — 18:30 (Opens from 15:30) moderator – Yusuke Obuchi (The University of Tokyo) panelist – Kengo Kuma (The University of Tokyo) – Yoshiharu Nishimura (NTT Urban Development) – Masayuki Kusumoto (NTT Urban Development) – Hirotoshi Shinohara (NTT Urban Development) – Yutaka Shikata (Shinkenchiku-sha) – Keigo Kobayashi (Waseda University) – Masahiro Umezaki (The University of Tokyo) – Hiroshi Sasaki (Shingata) – Kouichi Watari (Watarium)

Population-Fluidity-

The University of Tokyo Digital Fabrication Lab Pavilion 2015 TOCA (Tool Operated Choreographed Architecture)

taco

|パビリオン展示| 日時:12月1日(火)〜12月14日(月) 10:00 – 17:00 場所:東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場

|パネル・模型展示| 日時:11月24日(火)〜12月14日(月) 7:00 – 18:00(平日のみ) 場所:東京大学本郷キャンパス工学部11号館1階展示スペース

|シンポジウム| 機械・人間・建築 Ⅱ Architecture in the Age of Cyborgs Ⅱ 日時:12月5日(土)13:00 – 18:00(開場12:30) 場所:東京大学工学部1号館15号講義室(定員100名先着順 入場無料) 趣旨:3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル・ファブリケーション機器は、建築の生産と私たちの生活をどう変えるのか——  DFL(Digital Fabrication Lab)は毎年、建設会社と共同で、デジタル・ファブリケーションを応用した実験的パビリオンの建設を行っています。本年、竹中工務店と共同で行っているTOCA(Tool Operated Choreographed Architecture)プロジェクト(進行中)は、昨年に引き続き「人と機械の恊働」をテーマとし、「人が地面から建築を描き上げる3Dペン」による建築に挑みます。 昨年取り組んだ STIK(Smart Tool Integrated Konstruction)プロジェクトでは、あらかじめ決めた目標形状に向けて、デジタルの施工情報をプロジェクション・マッピングで作業者に伝えるシステムと、割り箸のような棒材を接着剤とともに送り出す手持ち工具を組み合わせ、「人と機械が融合した3Dプリンタ」による新しい建築表現を実現しました。今年のTOCAプロジェクトでは、目標形状を作業者に伝えることに加えて、人の作業による誤差をデジタル化して構造最適化をくり返すことで、目標形状自体を徐々に変化させることを試みます。これは、人と機械が恊働することにより、あらかじめ形状がデザインされていながら、人間的なゆらぎを柔軟に取り込み、実際の施工によってはじめてユニークに形状が確定する建設システムです。 シンポジウムでは、第一部で、DFLと共同研究した構造の佐藤淳研究室、コンピューター・サイエンスの五十嵐健夫研究室、そして竹中工務店とともにパビリオンTOCAの成果を報告します。第二部では、デジタル機械の建築への応用研究を推進しているスイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH-Z)教授のマティアス・コーラー氏を招き、国内で先進的な研究を行っている研究者の方々とともに、私たちがこれから考えるべき機械・人間・建築について議論を行います。 第一部(13:00 -): 小渕祐介(東京大学准教授)、米田カズ(東京大学小渕研究室)、五十嵐健夫(東京大学教授・コンピュータ科学専攻)、荒木美香(東京大学佐藤淳研究室・構造担当)、竹中工務店プロジェクトチーム 第二部(15:30 -): マティアス・コーラー(スイス連邦工科大学チューリッヒ校教授)、金田充弘(東京藝術大学准教授)、池田靖史(慶應義塾大学大学教授)、小林博人(慶應義塾大学教授) オープニングレセプション(18:00 – 19:00)参加無料

 

主催 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies(T_ADS) 企画 東京大学建築学専攻 Digital Fabrication Lab(DFL) 共同研究 株式会社竹中工務店 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 五十嵐健夫研究室 東京大学工学系研究科建築学専攻 佐藤淳研究室 研究協力 株式会社エービーシー商会 太陽金網株式会社 マーキュリー・サプライ・システムス株式会社 デミレックジャパン株式会社 圓井繊維機械株式会社 サンエム工業株式会社 (順不同)


Display of the Pavilion In Front of Faculty of Engineering Building 1, Hongo Campus 2015/12/1 — 2015/12/14 10:00 – 17:00

Panel and Process Exhibition Faculty of Engineering Building 11 Atrium Exhibition Space 2015/11/24 — 2015/12/14 7:00 – 19:00 (Weekdays)

Symposium :  Architecture in the Age of Cyborgs Ⅱ Faculty of Engineering Building 1 Lecture Hall 15 2015/12/5 13:00 — 18:00 (Opens from 12:30) Session 1 (13:00 – ) – Yusuke Obuchi (The University of Tokyo) – Kaz Yoneda (The University of Tokyo) – Takeo Igarashi (The University of Tokyo, Computer Science) – Mika Araki (The University of Tokyo, Structure Engineering) – TAKENAKA Project Team Session 2 (15:30 – ) – Matthias Kohler (ETH-Z) – Mitsuhiro Kanada (Tokyo University of the Arts) – Yasushi Ikeda (Keio University) – Hiroto Kobayashi (Keio University) Opening Reception   18:00 – 19:00

TOCA_poster

The University of Tokyo 2014 Digital Fabrication Lab Research Pavilion STIK (Smart Tool Integrated Konstruction)

|パビリオン展示| 日時:12月2日(火)〜12月16日(火) 10:00 – 17:00 場所:東京大学本郷キャンパス工学部1号館前広場

|制作プロセス展示| 日時:11月17日(月)〜12月16日(火) 7:00 – 19:00(平日のみ) 場所:東京大学本郷キャンパス工学部11号館1階展示スペース

|シンポジウム| 機械・人間・建築 Architecture in the Age of Cyborgs 日時:12月7日(日)13:00 – 18:00 場所:東京大学工学部1号館15号講義室 趣旨3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル・ファブリケーション機器は、私たちの生活をどう変えるのか。自動化による人員削減と多様な製品の両立は工場生産において大きな力となりますが、そのまま建築に適用しようとすると、「物」であるとともに「環境」でもある建築のスケールや境界が問題として浮かび上がります。東京大学建築学専攻デジタル・ファブリケーション・ラボ(DFL)では、このような技術的問題を「人間と機械の恊働」という文化的課題に読みかえることで、生産とデザインが融合する新しい建築の研究をおこなっています。 シンポジウム第一部では、DFLが構造の佐藤淳研究室、コンピューター・サイエンスの五十嵐健夫研究室、清水建設と共同で建設したパビリオンSTIK(Smart Tool Integrated Konstruction)の成果を報告します。DFLでは毎年、DFLスポンサーの建設会社と共同で実験的パビリオンの建設を行っていますが、本年のSTIKでは、機械で検出した施工情報をプロジェクションマッピングで作業者にリアルタイムに伝えるシステムと、割り箸のような棒材を接着剤とともに吐出する工具を組み合わせ、「機械と人間が融合した3Dプリンタ」による新しい建築表現を追究しました。 第二部では、デジタル機械の建築への応用を大々的に研究しているスイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH-Z)教授のマティアス・コーラー氏を招き、これまでの成果と今後の課題をうかがいながら、私たちがこれから考えるべき機械・人間・建築について議論をおこないます。 第一部(13:00-)登壇者: 小渕祐介(東京大学特任准教授・モデレーター)、吉田博則(東京大学DFL担当)、佐藤淳(東京大学准教授・構造設計)、五十嵐健夫(東京大学教授・システム設計協力)、清水建設プロジェクトチーム、印藤正裕(清水建設生産技術本部本部長) 第二部(16:00-)講演者+登壇者: マティアス・コーラー(スイス連邦工科大学チューリッヒ校教授)、五十嵐健夫(東京大学教授)、隈研吾(東京大学教授・モデレーター)、小渕祐介(東京大学特任准教授・モデレーター) オープニングレセプション(18:00-19:00)参加無料

20141121_DFL_poster_A3_final-

Read more Comments Off on EXHIBITION + SYMPOSIUM: 2014 STIK PAVILION

 

ARCHINEERING DESIGN EXHIBITION, 2013

Project Team : Christopher Sjoberg, Yeonsang Shin, Miguel Puig, Zhang Ye, Ana Luisa Soares, Ma Sushuang, Tong Shan, Andrea Trajkovska, Quangtuan Ta, Wei Wang, Anders Rod, Benjamin Berwick, Qiaomu Jin, Fawad Osman, Yanli Xiong, Andrea Bagniewski, Kevin Clement, Ornchuma Saraya, Minjie Xu

Yusuke Obuchi, Associate Professor Jun Sato, Associate Professor Toshikatsu Kiuchi, Course Assistant So Sugita, Course Assistant Hiroaki Yoshida, Course Assistant

Read more Comments Off on EXHIBITION: ARCHINEERING (2013)