Copyright Chiara Garbin

 

Copyright Chiara Garbin

   


  東京大学 小渕祐介研究室、佐藤淳研究室がプロジェクトサポートとして参画した「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 アラブ首長国連邦(UAE)館: Wetland」が最優秀賞にあたる金獅子賞を授賞しました。

小渕研究室は佐藤研究室と協働し、プロジェクトの初期段階から現地における施工段階まで、デジタルファブリケーションシステムの開発を担当しました。

施工計画をはじめとし、デジタル計測/施工ツールデザインや、施工の観点からのマテリアルデザインを通じて、これまでの小渕研究室のテーマでもあった「リアルタイム/オンラインでの施工プロセスの最適化」を追求し、世界規模の感染症が蔓延する状況の中、国際的なリモート環境でデジタルファブリケーションシステムを実現しました。  


  Venice Biennale Architecture Exhibition is one of the most respected architecture exhibitions in the world. With a request from Kenichi Teramoto and Wael Al Awar, curators of the UAE (United Arab Emirates) National Pavilion, Jun Sato’s laboratory and Yusuke Obuchi’s laboratory collaborated to support the UAE’s commissioners and ambitions. The UAE produces a large amount of salt as a byproduct during the desalination process of seawater. The main concept of the pavilion was to utilize magnesium, which was extracted from the salt, and use it as a hardening agent for building parts made of cement.   Sato-Lab proposed a simple solution for the production of 2500 pieces of the cement parts within a tight time constraint; make shallow trenches in the ground as a formwork and pour cement to be cured. This production process resulted in the making of “coral-shaped” pieces. We also proposed a structural design by synchronizing with Obuchi sensei’s digital fabrication guiding system for sequential structural optimization to develop an assembly logic.   Obuchi-Lab has designed and developed a human centric digital fabrication system which supported assembly crew members on site by connecting them with real-time spatial and geometrical information of the 2500 pieces to be installed in a designated area. When pieces were installed in a shape of ring and formed a layer, collected spatial data of installed pieces was then analyzed for structural stability and overall geometrical accuracy. In the end of the fabrication process, we were able to create an architectural form as a result of integrating technology and nature, and craftsmanship and machine.   It is a great honor to be part of the work that received the Golden Lion, the highest award given , at this prestigious exhibition.   Joint statement by Jun Sato and Yusuke Obuchi  


  第17回 ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 審査委員長である妹島和世氏から、以下のようなメッセージを頂きました。  

今回のベネチアビエナーレは、これまで以上に建築の枠を超えた新しい可能性を感じられる展示作品がたくさんありました。特に多くの最先端のテクノロジーを応用した作品には驚きました。また、ナショナル・インターナショナル、どちらのパビリオンにおいても、国境を超えてさまざまな国々から集まって構成され、そして企画された展示が多くみられ、UAEパビリオンも中東、日本、アメリカなど複数の国々からのメンバーで成り立っており、そこで東京大学の2つの研究室が技術協力を行なった事はとても嬉しく思いました。日本においてもこれ迄以上に研究活動が海外に広がり活躍されることを期待しています。小渕先生と佐藤先生、素晴らしい作品、金獅子賞おめでとうございます。   妹島和世  建築家 第17回 ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 審査委員長

 

At this Venice Biennale, there were many exhibited works that dealt issues beyond the convention of architecture more than ever and hinted new possibilities. I was particularly surprised to see many works that applied cutting-edge technologies. Also, in both National and International pavilions, there were many exhibitions organized by a team of participants joined from various countries across national borders. The UAE Pavilion’s team was also made up of collaborators from multiple countries such as the Middle East, Japan, and the United States. I was very pleased that the two laboratories of the University of Tokyo provided technical corporation for the work. I hope that research activities in Japan will expand more and reach out overseas and play an active role.

Congratulations to Dr. Obuchi and Dr. Sato for their wonderful work and the Golden Lion Award.

Kazuyo Sejima, Architect Chair of the International Jury for the Biennale Architecture 2021

 


 

DataSheet

  • プロジェクト期間:2019年12月 –  2021年8月
  • 担当業務:
    • 小渕祐介研究室
      • パビリオンのデジタルファブリケーションシステムデザイン
      • コンクリート部材位置のスキャニングツール、システムの開発
      • コンクリート部材施工のガイディングツール、システムの開発
      • コンクリート部材配置のオンラインデータベースの構築
      • 構造最適化計算のオンライン統合ネットワークシステムの構築
      • webサイト開発(https://venice2021.t-ads.org/)  開発:Alex Orsholits
    • 佐藤淳研究室
      • 構造設計
      • コンクリート調合設計
      • ピース形状スタディ、最適化
      • モックアップ構造実験
      • 構造最適化プログラム開発
    • 2研究室協働
      • 立体形状最適化、決定
      • 平面計画、立面計画
      • ドキュメント作成、記録

 


 

The University of Tokyo project team

Yusuke Obuchi,Associate Professor, Department of Architecture Jun Sato, Associate Professor, Department of Socio Cultural Environmental Studies Shuta Takagi, Obuchi Lab Support Specialist Yusuke Komata, Obuchi Lab Support Specialist  

Project consultants (Sato Lab)

Mika Araki, Associate Professor, Kwansei Gakuin University School of Architecture / Mika Araki Structural Engineers Kosuke Suehiro, Jun Sato Structural Engineers Co., Ltd.  

Obuchi Lab – student assistant credit list

Construction System & Network Development: Alex Orsholits Scanning & Guiding Hardware Design: Zhou Li System Documentation: Annette Choy de Leon Scanning System: Pyaezone Aungsoe, Meredith Campbell Argenzio, Boon Hau Lim, Surjyatapa Raychoudhury Guidance System: Yiyuan Qian  

Sato Lab – student assistant credit list

Structural Optimization System Development: Ren Imai, Shimpei Kojima, Yusuke Shimoyamada Manufacturing & Structural Assemblage Development: Hirotaka Ujioka, Kenta Isebo Construction Test: Ryoma Kanazawa, Miho Wada, Kousuke Miyano

 


 

Official Credit

Commissioner: Salama Bint Hamdan Al Nahyan Foundation Supporter: UAE Ministry of Culture and Youth Curators: Wael Al Awar and Kenichi Teramoto Venue: Arsenale Exhibitors Urban Researchers: Ahmed & Rashid Bin Shabib Researchers Wetland Research Team New York University, Abu Dhabi, Amber Lab University of Tokyo, Sato Lab and Obuchi Lab American University of Sharjah, Department of Biology, Chemistry and Environmental Sciences   https://www.labiennale.org/en/news/awards-17th-international-architecture-exhibition  


 

Release

Venice Biennale AWARDS Official Release: https://www.labiennale.org/en/news/awards-17th-international-architecture-exhibition designboom: https://www.designboom.com/architecture/uae-golden-lion-best-national-pavilion-venice-architecture-biennale-08-30-2021/ ArchDaily: https://www.archdaily.com/967667/uae-wetland-wins-the-golden-lion-for-best-national-participation-at-the-2021-venice-biennale  


 

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第三相:都市」

2021年1月4日より順次開講

module 1  槇文彦 @ヒルサイドテラス module 2  長谷川逸子 @りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 module 3  山本理顕 @埼玉県立大学 module 4  隈研吾 @アオーレ長岡 module 5  青木淳 @大宮前体育館 module 6  アトリエ・ワン(塚本由晴&貝島桃代) @恋する豚研究所 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: City”

module 1  Fumihiko Maki  @Hillside Terrace module 2  Itsuko Hasegawa  @Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA” module 3  Riken Yamamoto  @Saitama Prefectural University module 4  Kengo Kuma  @Nagaoka City Hall Aore module 5  Jun Aoki  @Omiyamae Gymnasium module 6  Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijiima)  @Koisuru-Buta Laboratory module 7  Review

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第三相:都市」

2021年1月4日より順次開講

module 1  槇文彦 @ヒルサイドテラス module 2  長谷川逸子 @りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 module 3  山本理顕 @埼玉県立大学 module 4  隈研吾 @アオーレ長岡 module 5  青木淳 @大宮前体育館 module 6  アトリエ・ワン(塚本由晴&貝島桃代) @恋する豚研究所 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: City”

module 1  Fumihiko Maki  @Hillside Terrace module 2  Itsuko Hasegawa  @Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA” module 3  Riken Yamamoto  @Saitama Prefectural University module 4  Kengo Kuma  @Nagaoka City Hall Aore module 5  Jun Aoki  @Omiyamae Gymnasium module 6  Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijiima)  @Koisuru-Buta Laboratory module 7  Review

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第三相:都市」

2021年1月4日より順次開講

module 1  槇文彦 @ヒルサイドテラス module 2  長谷川逸子 @りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 module 3  山本理顕 @埼玉県立大学 module 4  隈研吾 @アオーレ長岡 module 5  青木淳 @大宮前体育館 module 6  アトリエ・ワン(塚本由晴&貝島桃代) @恋する豚研究所 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: City”

module 1  Fumihiko Maki  @Hillside Terrace module 2  Itsuko Hasegawa  @Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA” module 3  Riken Yamamoto  @Saitama Prefectural University module 4  Kengo Kuma  @Nagaoka City Hall Aore module 5  Jun Aoki  @Omiyamae Gymnasium module 6  Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijiima)  @Koisuru-Buta Laboratory module 7  Review

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第三相:都市」

2021年1月4日より順次開講

module 1  槇文彦 @ヒルサイドテラス module 2  長谷川逸子 @りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 module 3  山本理顕 @埼玉県立大学 module 4  隈研吾 @アオーレ長岡 module 5  青木淳 @大宮前体育館 module 6  アトリエ・ワン(塚本由晴&貝島桃代) @恋する豚研究所 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: City”

module 1  Fumihiko Maki  @Hillside Terrace module 2  Itsuko Hasegawa  @Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA” module 3  Riken Yamamoto  @Saitama Prefectural University module 4  Kengo Kuma  @Nagaoka City Hall Aore module 5  Jun Aoki  @Omiyamae Gymnasium module 6  Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijiima)  @Koisuru-Buta Laboratory module 7  Review

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第三相:都市」

2021年1月4日より順次開講

module 1  槇文彦 @ヒルサイドテラス module 2  長谷川逸子 @りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 module 3  山本理顕 @埼玉県立大学 module 4  隈研吾 @アオーレ長岡 module 5  青木淳 @大宮前体育館 module 6  アトリエ・ワン(塚本由晴&貝島桃代) @恋する豚研究所 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: City”

module 1  Fumihiko Maki  @Hillside Terrace module 2  Itsuko Hasegawa  @Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA” module 3  Riken Yamamoto  @Saitama Prefectural University module 4  Kengo Kuma  @Nagaoka City Hall Aore module 5  Jun Aoki  @Omiyamae Gymnasium module 6  Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijiima)  @Koisuru-Buta Laboratory module 7  Review

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第三相:都市」

2021年1月4日より順次開講

module 1  槇文彦 @ヒルサイドテラス module 2  長谷川逸子 @りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 module 3  山本理顕 @埼玉県立大学 module 4  隈研吾 @アオーレ長岡 module 5  青木淳 @大宮前体育館 module 6  アトリエ・ワン(塚本由晴&貝島桃代) @恋する豚研究所 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: City”

module 1  Fumihiko Maki  @Hillside Terrace module 2  Itsuko Hasegawa  @Niigata City Performing Arts Center “RYUTOPIA” module 3  Riken Yamamoto  @Saitama Prefectural University module 4  Kengo Kuma  @Nagaoka City Hall Aore module 5  Jun Aoki  @Omiyamae Gymnasium module 6  Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijiima)  @Koisuru-Buta Laboratory module 7  Review

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

 

無料オンラインコース 現代日本建築の四相 — 二つのオリンピックの狭間で 第三相:都市

T—ADSがお送りする無料オンライン講座シリーズ「現代日本建築の四相」の第三相「都市」が、 2021年1月4日より公開を開始します。

[コースページ] Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: City

このコースは、好評公開中の 第一相「理論」第二相「技術」につづく第三弾です。

配信開始予定 1月04日 槇文彦 1月11日 長谷川逸子 1月18日 山本理顕 1月25日 隈研吾 2月01日 青木淳 2月08日 アトリエ・ワン 2月15日 まとめ

広島ピースセンター(1955)、東京計画1960、東京オリンピック(1964)、大阪万博(1970)など、1950年代から60年代において、建築家丹下健三は、数多くの都市的プロジェクトに携わりました。しかし、1970年代以降の日本では、大規模プロジェクトの減少とともに、建築家たちは都市の構想から撤退し、個々の建物の設計に専念するようになったとも言われます。しかし現在、グローバリズムや情報技術の進歩などによって都市の概念すら変わりつつあるなか、建築家たちは再び都市と向き合い、独自の方法で活動を繰り広げています。第三相「都市」では、建築から都市を考えることを継続してきた現代建築家の活動を振り返りながら、この半世紀の間に何が変わったのか、これからの課題とともに考えます。

本コースは、2012年にハーバード大学とMITにより設立されたMOOC(Massive Open Online Course)プロバイダーであるedX(エデックス)から提供され、無料登録により世界中の誰でも視聴することができます(希望により有料の修了証も取得できます)。なお本コースは、日本語音声+英語字幕で配信されます。

 

Free Online Course FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE — BETWEEN TWO OLYMPICS Third Facet: City

“Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: City” will start on January 4, 2021.

This course on “City” will review the works of those architects who have attempted to conceptualize cities through their architecture and examine the changes over the last half century as well as the issues for the future. Fumihiko Maki, Itsuko Hasegawa, Riken Yamamoto, Kengo Kuma, Jun Aoki, and Atelier Bow-Wow (Yoshiharu Tsukamoto & Momoyo Kaijima) visit their buildings to discuss the ideas behind their respective works.

https://www.edx.org/course/four-facets-of-contemporary-japanese-architectur-3

 

Intro Videos

 

・オンラインシンポジウムのご案内

まちをはかる ―間地(まち)から紐解く都市の生態―

東京大学建築学専攻Design Think Tank 共同研究発表オンラインシンポジウム

主催: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies

共催: NTT都市開発株式会社 株式会社新建築社

 

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(以下、T_ADS)では、2015年5月、文化・経済活動が多様に相互作用する都市生態の把握と、都市デザインへの応用に取り組むDesign Think Tank(以下、DTT)を、NTT都市開発、新建築社との共同で立ち上げ、2019年度で最終年度を迎えました。

研究完了を迎え、2020年3月に実施予定だった共同研究発表シンポジウム「まちをはかる ―間地(まち)から紐解く都市の生態―」は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止の目的で延期となりましたが、このたびオンラインシンポジウムに形を変え、下記の日程で実施に至りました。

2020年5月現在、コロナウィルスがもたらした影響として、今後都市部のオフィスに変化が生まれてくることが議論されています。社会は急速に分散型に移行していくだろうという議論もあります。

対して本研究では、そもそも都市開発の現場で用いられてきた駅近さ、築年数の浅さ、スケールメリット、集約性などの評価軸の中で見過ごされてしまっている、「都市が元来もっていた土地や文化に紐づく微差が生み出す魅力」を拾い出す、新しい尺度の提案を模索してきました。駅前に集約するだけではない都市の価値をどのように生み出していくのか、突如浮上したこうした課題に対し、本研究からも何がしかのヒントを発信できないかと考えます。

過去5年間のDTTの研究成果から、広く都市に関わる多くの専門家、研究者の方々を迎え、都市開発の可能性について提示し、来る研究や実務へその成果をつなげる機会にできればと考えています。

 

  • シンポジウム詳細

日時:2020年6月4日(木)10:00-12:00(開場09:30)

会場:オンライン

【アドレス】

https://apj27.webex.com/apj27-jp/onstage/g.php?MTID=e0fb88a08620577e04215576934470b42

【パスワード】0604

※ 上記URLにアクセスいただくと、Webexのオンラインシンポジウム用参加画面に誘導されますので、❶お名前とメールアドレスを入力し、「今すぐ参加」をクリック、❷初めてwebexをご利用の方は、ブラウザにwebexのアドオンを追加する手続きを求められますので、誘導に従って、インストールを実施して参加して下さい。2回目以降の方はそのまま参加して下さい。❸シンポジウム開始後、音声が聞こえない場合は、画面下部に表示されている丸ボタンの内、・が3つ表示されている右から2番目のボタン「他のオプション」をクリックし、音声接続がつながっているか確認下さい。視聴するだけでも接続する必要があります。

※ 上記手続きでアドオンを追加したくない方は、「ブラウザから参加」を選択することも可能ですが、その場合システムの制約上、発表で予定している動画共有をご覧いただけない為、別途ストリーミングからご覧いただくかたちとなります。予めご了承下さい。

※ Webex経由でのイベント資料のダウンロードに時間がかかるようです。宜しければ、こちらからもイベント資料をダウンロードいただけます。 https://drive.google.com/file/d/1hCJ5R81ZVnCBx_84T9Y0–7e-e6HzDZD/view?usp=sharing

_ゲスト講演(10:05-):

島原万丈(官能都市指標ディレクター・LIFULL HOME’S総研 所長)

『Sensuous City [官能都市] –都市の本当の魅力を測るあたらしいモノサシの提案』

岩嵜博論(博報堂ミライの事業室 ビジネスデザインディレクター)

『REFRAMING THE OPPORTUNITY SPACE』

 

_基調研究発表(10:45-):

Design Think Tank研究チーム、東京大学建築学専攻小渕研究室

 

_公開ランドテーブル(11:15-):以下、パネリスト

島原万丈(官能都市指標ディレクター・LIFULL HOME’S総研 所長)

岩嵜博論(博報堂ミライの事業室 ビジネスデザインディレクター)

隈研吾(東京大学大学院工学部研究科建築学専攻 教授)

小渕祐介(東京大学大学院工学部研究科建築学専攻 准教授)

楠本正幸(NTT都市開発株式会社 代表取締役副社長)

篠原宏年(NTT都市開発株式会社 常務取締役 開発本部長)

四方裕(株式会社新建築社 取締役副社長)

 

  • 研究概要

どんな都市開発にとっても地形・歴史・文化は重要な要素である一方、それらにもとづく開発対象の界隈性を深く読み取り、元来備わっている周辺との相対的な差異を界隈の価値として具体的に打ち出す事例は皆無と言えます。本研究では、地図情報さえあればどこでも入手できる街区データにより都市界隈を類型化し、また地域に住まい働く人の主観的な界隈への視点を収集することで、古くから界隈で培われながら、現代の都市開発では見過ごされてしまっている価値を、現代的なデータ解析の手法により可視化することを試みます。

データから都市を見渡すこと、また都市指標研究では収集されることが少ない人々の主観的視点をデータに含め、定量的な分析に紐づけることの価値を提示します。

新型コロナウイルス感染症の国内での感染者が増加している現在の状況をふまえ、感染拡大防止の為、下記に予定しておりましたシンポジウムは延期とさせていただきます。延期日程につきましては現在未定でして、延期後の開催目途が立ち次第、追って本ホームページにて情報を公開致します。ご出席を予定いただいていた方々にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解、ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

—–

・シンポジウムのご案内

まちをはかる ―間地から紐解く都市の生態― 東京大学建築学専攻Design Think Tank 共同研究発表シンポジウム 主催: 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies 共催: NTT都市開発株式会社 株式会社新建築社

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(以下、T_ADS)では、2015年5月、文化・経済活動が多様に相互作用する都市生態の把握と、都市デザインへの応用に取り組むDesign Think Tank(以下、DTT)を、NTT都市開発、新建築社との共同で立ち上げ、今期で最終年度を迎えます。

共同研究発表シンポジウム「まちをはかる ―間地から紐解く都市の生態―」では、これまで都市開発の現場で用いられてきた駅近さ、築年数の浅さ、スケールメリット、集約性などの評価軸の中で見過ごされてしまっている、「都市が元来もっていた土地や文化に紐づく微差が生み出す魅力」を拾い出す、新しい尺度の提案を行います。過去5年間のDTTの研究成果から、広く都市に関わる多くの専門家、研究者の方々とこれからの都市開発の可能性について議論し、来る研究や実務へとその成果をつなげる機会にできればと考えています。

■ シンポジウム詳細

日時:2020年3月5日(木)15:00-18:00(開場14:30) ⇐延期となりました 会場:東京大学工学部1号館15号講義室(東京都文京区本郷7-3-1定員100名先着順、入場無料)

_ゲスト講演(15:00-):

島原万丈(官能都市指標ディレクター・LIFULL HOME’S総研 所長) 『Sensuous City [官能都市] –都市の本当の魅力を測るあたらしいモノサシの提案』

岩嵜博論(博報堂ミライの事業室 ビジネスデザインディレクター) 『REFRAMING THE OPPORTUNITY SPACE』

_基調研究発表(16:30-): Design Think Tank研究チーム、東京大学建築学専攻小渕研究室

_公開ランドテーブル(17:00-):以下、パネリスト 島原万丈(官能都市指標ディレクター・LIFULL HOME’S総研 所長) 岩嵜博論(博報堂ミライの事業室 ビジネスデザインディレクター)

隈研吾(東京大学大学院工学部研究科建築学専攻 教授) 小渕祐介(東京大学大学院工学部研究科建築学専攻 准教授) 楠本正幸(NTT都市開発株式会社 代表取締役副社長) 篠原宏年(NTT都市開発株式会社 常務取締役 開発本部長) 四方裕(株式会社新建築社 取締役副社長)

■ 研究概要

どんな都市開発にとっても地形・歴史・文化は重要な要素である一方、それらにもとづく開発対象の界隈性を深く読み取り、元来備わっている周辺との相対的な差異を界隈の価値として具体的に打ち出す事例は皆無と言えます。本研究では、地図情報さえあればどこでも入手できる街区データにより都市界隈を類型化し、また地域に住まい働く人の主観的な界隈への視点を収集することで、古くから界隈で培われながら、現代の都市開発では見過ごされてしまっている価値を、現代的なデータ解析の手法により可視化することを試みます。

データから都市を見渡すこと、また都市指標研究では収集されることが少ない人々の主観的視点をデータに含め、定量的な分析に紐づけることの価値を提示します。

昨年10月に東池袋を中心に開催した「ツギ_ツギ#05 シェアサイクルまちめぐりツアー」。 その報告会&ゲストトーク会のお知らせです! 詳しくは http://tsugi-tsugi.jp/

第一部:研究報告およびゲストトーク 第二部:ワークショップ『まちの活気資源コード』でイベントを企画しよう *大塚・東池袋・雑司が谷から一品ずつ、おいしいものを用意しています!*

-自転車に乗った参加者がどんな行動をしたか、研究を通してまちの特徴を探ります。

-ゲストトークでは、豊島区の隠れた魅力や素敵なまちをつくるヒントを都市工学の専門家が語ります。

-ワークショップでは「まちの活気資源コード」を使って次回のイベントをみんなで企画します。

ツギ_ツギ#05に参加した方もそうでない方も、ぜひみんなで集まって「これからの東池袋」について考える機会にしましょう!

第一部19:00〜20:00(無料) 第二部20:00〜21:00(500円)、引き続き懇親会

一部のみ、二部のみOK。20時での出入りは自由。

場所:日の出ファクトリー

〒170-0013 東京都 豊島区東池袋2-6-2 ロイヤルアネックス205

対象:豊島区やまちづくりに興味があるかた、どなたでも

(参加希望の方は事前にご連絡いただくとスムーズです。当日参加ももちろんOKです)

連絡先:以下facebookイベントページより、”主催者にメッセージを送信”

https://www.facebook.com/events/388721151689511/?active_tab=about

 

主催:東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies

共催:NTT 都市開発(株)/(株)新建築社

協力:日の出ファクトリー

 

社会実験イベントのご案内

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies(T–ADS)では、文化・経済が複雑に交差する都市を「生態系」として捉え、デザインへ応用することを目指す研究組織Design Think Tank(DTT)を立ち上げ、NTT都市開発、新建築社との共同研究を2015年4月にスタートしました。

DTTでは、その一環として2017年2月より社会実験イベントをとおして街の魅力を発見し、発信する「ツギ_ツギ」プロジェクトに取り組んできました。そしてこの度、第五回「ツギ_ツギ#05 シェアサイクルまちめぐりツアー 「まちの“ステキ”を しる めでる そだてる」を開催いたします。

第五回は前回同様シェアサイクルを使ったまちめぐりイベントで、舞台を豊島区の[東池袋・雑司が谷・大塚]に移しました。まちの達人たち30人に行ったインタビューをもとにまちの魅力ポイントをマッピングしたナビアプリを使いながら、普段何気なく過ごしている地元や、あまり足を伸ばしたことがなかった隣接地区の魅力を知り、愛で、育てていくイベントです。

街巡りに参加していただき、回遊のパターンや潜在的な魅力スポットを分析させていただきます。

また豊島区の協力のもと、事業用地ではこどものためのプレイパークとコーヒーの屋台も開催。同日にはHINODE AUTUMN MARKETも開催されます。

魅力的なまちを楽しみに、是非とも気軽にご参加下さい!

イベント詳細 日時: 2018年10月27日(土)11:00 – 17:00 ○無料コミュニティ・サイクルによる「発見型」街巡りイベント 自転車貸出場所:・日出町第二公園(東池袋4-4)

・雑司が谷みみずく公園(雑司が谷3-15-20)

・大塚台公園(南大塚3-27-1)

同受付までお越しいただき、① 利用申込書へのお名前・住所・携帯電話番号等のご記入 ② 本人確認書類のご提示 ③ 利用規約へのご同意による受付手続きを済ませていただいた方に、最大1日2時間30分まで、無料でレンタル自転車をお貸し致します。

なお、イベント会場には本レンタル自転車以外の駐輪スペースは一切ございません。自転車でお越しの際は周辺の公共駐輪場をご利用下さい。

○[ヒミツきちをつくろう]×コーヒー屋台[CAFE SELECT]

場所:東池袋5-24 (豊島区事業用地)

 ※ 先に地域の方に配布させていただきました紙媒体チラシ内の事業用地の住所が間違っておりました。お詫び致しますと共に、訂正致します。
×[東池袋5-14-18]→○[東池袋5-24]

主催:東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies まちめぐりイベント共催:NTT 都市開発(株)/(株)新建築社 後援:豊島区 ≫ その他の詳細についてはhttp://tsugi-tsugi.jp/をご覧ください。

またこちらから、前回のツギ_ツギ#04イベント記録動画もご覧いただけます。 イベントの雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第二相:技術」

2018年4月開講!

module 1  安藤忠雄 module 2  難波和彦 module 3  坂茂 module 4  隈研吾 module 5  千葉学 module 6  小渕祐介 module 7  Review

——– Free Online Course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Technology”

Now on release !

module 1  Tadao Ando module 2  Kazuhiko Namba module 3  Shigeru Ban module 4  Kengo Kuma module 5  Manabu Chiba module 6  Yusuke Obuchi module 7  Review

 

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第二相:技術」

2018年4月開講!

module 1  安藤忠雄 module 2  難波和彦 module 3  坂茂 module 4  隈研吾 module 5  千葉学 module 6  小渕祐介 module 7  Review

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Technology”

Now on release !

module 1  Tadao Ando module 2  Kazuhiko Namba module 3  Shigeru Ban module 4  Kengo Kuma module 5  Manabu Chiba module 6  Yusuke Obuchi module 7  Review

 

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox

無料オンライン講義「現代日本建築の四相 第二相:技術」

2018年4月開講!

module 1  安藤忠雄 module 2  難波和彦 module 3  坂茂 module 4  隈研吾 module 5  千葉学 module 6  小渕祐介 module 7  Review

——– Introduction movie for free online course “FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE: Technology”

Now on release !

module 1  Tadao Ando module 2  Kazuhiko Namba module 3  Shigeru Ban module 4  Kengo Kuma module 5  Manabu Chiba module 6  Yusuke Obuchi module 7  Review

 

Free online courses from The University of Tokyo https://www.edx.org/school/utokyox