Free Online Course FOUR FACETS OF CONTEMPORARY JAPANESE ARCHITECTURE — BETWEEN TWO OLYMPICS Second Facet: Technology

無料オンラインコース 現代日本建築の四相 — 二つのオリンピックの狭間で 第二相:技術

 

 

T—ADSの隈研吾と小渕祐介が講師をつとめる無料オンラインコース「現代日本建築の四相」の第二相「技術」が、 2018年4月16日より公開を開始します。

[コースページ] Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Technology

このコースは、好評公開中の 第一相「理論」につづく第二弾です。

現代日本建築の発展において、技術はどのような意味を持っていたのか? それは、今後どのように変わっていくのか? 6人の建築家と彼らの代表作で行われた対話から探ります。

 

配信開始予定 4月16日 安藤忠雄 4月23日 難波和彦 4月30日 坂茂 5月07日 隈研吾 5月14日 千葉学 5月21日 小渕祐介 5月28日 まとめ

 

本コースは、2012年にハーバード大学とMITにより設立されたMOOC(Massive Open Online Course)プロバイダーであるedX(エデックス)から提供され、無料登録により世界中の誰でも視聴することができます(希望により有料の修了証も取得できます)。なお本コースは、日本語音声+英語字幕で配信されます。

 

“Four Facets of Contemporary Japanese Architecture: Technology” will start on April 16, 2018 !

This is the second course of architecture series. We will focus on works by architects who explored the use of technology—from techniques used for traditional crafts to computational processes—as a vehicle for their investigations into the conceptualization and production of architecture. Tadao Ando, Kazuhiko Namba, Shigeru Ban, Manabu Chiba, Kengo Kuma, and Yusuke Obuchi will visit their buildings to discuss the ideas behind their respective works.

Course about page is now available here.

 

 

DFL Colloquium

Where does design start and end? The role of architects in the age of advanced computation and AI

Thursday 22 March 2018, 17:00-19:30 (doors open at 16:30, admission free) Lecture Theatre 15, Faculty of Engineering Building 1, The University of Tokyo Hongo Campus

Language – English

‘Which jobs will be replaced by AI and robots?’ This type of catchy headline has become increasingly common in most news outlets, effectively grabbing viewers’ and readers’ attention. While presented as either something to embrace or refuse, it is undoubtedly imminent. Should architects be concerned? Could architects’ creative design processes also be done by AI and robots? If AI and robots will perform creative design processes better, then what will humans do? In other words, what does it mean to say, designed and made by humans?

The aim of this colloquium is to discuss the state of design culture specifically from the point of view of ‘making physical stuff.’ Computational capabilities have already dramatically altered the way manufacturing industries operate and deliver products with high degrees of efficiency and productivity through automation, robotic fabrication and building information modelling. Today, these methods and tools have become integral parts of architectural production processes, being both taught and practiced. This event will explore, and discuss the potentials and concerns for today’s designers and makers by asking where do design processes start and end?

Session 1   Presentations   17:00-18:20

Yusuke Obuchi Associate Professor, Department of Architecture, The University of Tokyo

Hannes Mayer Senior Researcher, Director of Education, Gramazio Kohler Research, ETH Zurich

Lisa Iwamoto Professor, Department of Architecture, University of California, Berkeley

Session 2   Panel Discussion   18:30-19:30

Moderator Thomas Weaver TU Delft

Curatorial Presentation by Fumio Nanjo Director, Mori Art Museum

Organised by The University of Tokyo Advanced Design Studies (T_ADS) The University of Tokyo Digital Fabrication Fab (DFL)

 


 

DFLトーク・セッション   Where does design start and end? The role of architects in the age of advanced computation and AI

2018年3月22日(木)17:00-19:30 (開場16:30) 東京大学本郷キャンパス工学部1号館15号講義室 (定員100名先着順 入場無料)

*使用言語:英語

デジタル機械・IT技術の発展に伴い、ものづくりにおける生産が設計プロセスと結びついて、従来のものづくりにあった人間との関係が希薄になりつつあります。建築においても、設計と施工が一体化することで、施工は「つくるもの(創造)」から「解釈のない/できない組み立てる仕事」に変わりつつあります。

他方、リノベーションのような、既存のデザインに手を加える設計や、解体後の廃材の活用に係るデザインなど、これまでの「設計=かたち/空間のデザイン」だけではない時代になり、設計、ひいては建築家の役割の再定義が求められています。

このトーク・セッションが着目するのは、人間と設計・施工プロセスとの関係が変わりつつある時代における「デザインのはじまりとおわり」です。

Session 1では、それぞれ異なるかたちでデジタル機械・IT技術の応用を試みる建築家や研究者の方々よりお話を伺います。Session 2のパネル・ディスカッションでは、著述家かつ歴史家であるデルフト工科大学のThomas Weaver氏、森美術館館長の南條史生氏にコーディネート頂きながら、デジタル・AI時代における設計と建築家の役割について議論します。

Session 1   Presentations   17:00-18:20

小渕 祐介 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 准教授 Hannes Mayer スイス連邦工科大学チューリッヒ校Gramazio Kohler Research 上席研究員 教育長 Lisa Iwamoto カリフォルニア州立大学バークレー校建築学科 教授

Session 2   Panel Discussion   18:30-19:30

Moderator Thomas Weaver デルフト工科大学

Curatorial Presentation by 南條 史生 森美術館 館長

主催 東京大学建築学専攻Advanced Design Studies (T_ADS) 東京大学建築学専攻Digital Fabrication Fab (DFL)